【全日本卓球2022会場レポート】カラーラバー解禁後初の全日本。あのトップ選手も使用中!

日本卓球協会
チーム・協会

【JTTA】

昨年10月にカラーラバーが解禁

卓球ラバーの色は長らく赤・黒の2色が認められていたが、それに加えてピンク、ブルー、ヴァイオレット、グリーンの4色が昨年10月1日に解禁された。

今年はカラーラバー解禁後初の全日本選手権となり、若い世代を中心にカラーラバーを使用して出場する選手が見られた。

青井さくら(明徳義塾中・高)はブルーラバーを使用してジュニア女子ベスト8に入賞 【JTTA】

松浦脩隼(新潟産大附高)はジュニア男子に初出場で初勝利をあげた 【JTTA】

山本真由(同志社大)はグリーンラバーを使用。出澤杏佳(専修大)を破る活躍を見せた 【JTTA】

彩り豊かな全日本選手権が今後の見どころになる日も遠くないだろう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本卓球協会

日本卓球協会は「卓球を通して人々の健康と幸福(wellbeing life)に貢献し、人々の心をつなげ社会の調和を目指す。」をミッションに、卓球ファンや関係者のみなさま、スポーツ好きの方々に向けて、卓球の魅力をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント