<男子ゴルフ>小林伸太郎が日本勢2番手の9位で主催者に感謝「ずっと続けていただきたい」

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
チーム・協会

【今年もシンガポールはプラスの宝庫でした©JGTOimages】

■日亜共同「SMBCシンガポールオープン」1月20日ー23日
セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール) 7398yard・par71 / ▼24日(翌日)

プロ12年目の小林伸太郎が、桂川有人に次ぐ日本勢2番手の9位タイで帰路についた。

通算1アンダーの30位タイから出た最終日は、前半4番からの3連続を含む5バーディで猛追。「67」で回り、通算5アンダーまで伸ばして順位を上げた。

日本勢最高位となる4位につけた2016年大会の自己更新には届かなかったが、「日本で服をいっぱい着込んで練習しているより、暖かい気候の中で試合をさせていただき、真剣にプレーできる方が、よっぽどプラスになりました」と、改めて主催者に感謝。

「ずっと大会を続けていただきたい」と、熱望した。

日亜共同の「SMBCシンガポールオープン」は、コロナ禍で中止となった昨年から2年ぶりの復活が実現したが、開幕直前のシンガポール政府によるビザ発給停止の影響で、多くの選手が出場できなくなった。

ジャパンゴルフツアーへの賞金加算は見送られるなど、再びコロナの影響を受けた形だが、それでも小林は、大きな成果を手に日本に帰る。

前回の2020年大会は、リオ五輪の金メダリストが集結し、銅のクーチャーと金のローズがワンツーフィニッシュした。

また、2018年にはスペインのガルシアが出場して優勝。
日亜共同主管での開催初年度となった2016年には、スピースが熾烈なV争いの末に2位に。

今年は世界ランク27位のポール・ケーシーが、3年ぶりに駆けつけた。

「世界のトップレベルを間近で見ることもできるのがこの大会。彼らがどのような攻め方をしたか、という話しが聞けるし、本人と話さずとも、我々に何が足りないのかを教えてくれる。飛距離やパット力だったり、選手は求められないと成長しない」と、小林は力説する。

「日本にはない大会ですし、コースも、日本にはないレイアウトでタイトなセッティングになっている。選手たちに求められるものがすごく多い」と、大会の利点を語る。

「この大会を基準として、世界で戦えるレベルの選手を育てるべき。第二の松山英樹を育てるには、こういう大会が重要だと思います」と、プレー後の談話にも熱が入った。

「めちゃくちゃプラスでいっぱいです」と、2年ぶりのシンガポールで得た糧を、スーツケースにめいっぱい詰め込み帰国。
次は、国内初戦の「東建ホームメイトカップ(3月31ー4月3日、東建多度カントリークラブ・名古屋)」に向けて、日本で調整を続ける。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

古江彩佳が4ダウンから大逆転 22ホール…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント