<男子ゴルフ>松山英樹が逆転優勝「青木さんがはじめて勝った試合で勝てて嬉しい」青木功も祝福 / 米ソニーオープン・イン・ハワイ最終日

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
チーム・協会

【©Getty Images】

■米「ソニーオープン・イン・ハワイ」1月13日ー16日
ワイアラエカントリークラブ(ハワイ) / 7044yard・par70 ▼16日(最終日)

松山英樹が逆転で、韓国のKJチョイと並ぶアジア人最多の米8勝を飾った。

2打差の2位から出た最終日は首位のヘンリーに、一時5打差をつけられたが、後半10番から連続バーディを契機に猛追。

最終ホールのバーディでプレーオフに持ち込み、1ホール目にフェアウェイから打った2打目をピンそばにくっつけるイーグルで決着させた。

現JGTO会長の青木功が、最終18番のカップインイーグルで逆転し、日本勢初の米ツアー初制覇を達成したのは1983年大会。

39年前の奇跡を彷彿とさせる、日本人2人目の大会制覇に「9番までは相手の勢いが凄かったので。でも、チャンスが来ると思ってやっていた。青木さんがはじめてPGAツアーで勝ったところで勝てて嬉しいです」と、第一声で話した。

松山選手の米ツアー8勝目に際し、JGTO会長の青木功が祝福のコメントを寄せましたので、ここに紹介させていただきます。

「松山英樹選手、PGAツアー8勝目おめでとうございます。
昨年4月にマスターズトーナメントで優勝した後、7月の東京オリンピックに出場して大健闘し、さらに10月のZOZO CHAMPIONSHIPで優勝、そして今回の優勝と、ますますその強さに磨きがかかり、風格漂うプレーぶりと佇まいは、まさにメジャーチャンピオンに相応しい堂々としたもので、感心いたします。

特に、最終日のバックナインに入る時点で5打差がありながらも72ホール目で追いつき、そしてプレーオフの末の逆転優勝ということで、諦めずに追いかける姿に大変感動したと同時に、たくさんの勇気と元気をもらいました。

今回優勝された開催コースのワイアラエカントリークラブは私も過去に優勝した経験があり、当時の自分に重ね合わせて今大会を見させてもらっていました。
そういった意味でも、今回の松山選手の優勝は、私にとっても大変感慨深いものです。
今後、どれだけ優勝するのか、どこまで強くなるのか、そんなことを思わせる今回の優勝だったと思います。今後の益々の活躍を期待しています」
一般社団法人日本ゴルフツアー機構
会長  青木 功

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント