【BOATRACE】5日目は激戦必至の準優! 守屋美穂、毒島誠、丸野一樹に熱視線 G1尼崎センプルカップ

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 「G1尼崎センプルカップ 開設69周年記念」は14日、兵庫県尼崎市のボートレース尼崎で4日目が行われた。連日のホーム向かい風は変わらなかった。しかし、強さは午前中こそ3、4メートルあったが、午後からは2メートル前後と落ち着いた。安定板も外れて、激しい予選最終日が展開された。

 予選トップ通過争いは3日目まで1位だった河合佑樹が、4日目も見事な連勝をマーク。堂々の1位通過を飾った。特に前半3Rは1周1Mで5コースから狭いスペースをまくり差し、バックは3艇が並ぶ首位争いへ浮上。1周2Mは内有利に先取りして、長田頼宗の猛追を退けた。後半12Rはイン逃げを決め、結局、得点率9.33の1位で準優12R1枠をゲットした。得点率2位は地元の魚谷智之が食い込み、同3位はオール3連対の田村隆信、以上の3人が準優1枠をつかんだ。準優ボーダーは6.00の着順差となり、横澤剛治が滑り込み、西村拓也が次点に泣いた。

 5日目は、予選を勝ち上がった18人によって準優勝戦が行われる。まずは10Rの枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 10R 準優勝戦>
1枠 田村 隆信(徳島支部)
2枠 高倉 和士(福岡支部)
3枠 守屋 美穂(岡山支部)
4枠 土屋 智則(群馬支部)
5枠 片岡 雅裕(香川支部)
6枠 新田 雄史(三重支部)

 ポイントは2つある。1つは6枠新田雄史が進入で動くのか。もう1つは、3枠守屋美穂【冒頭の写真】のコース取りだ。まず、新田は土屋と同じ番組だった4日目11R、同じ6枠から内へ動いた。再び前付けに行く可能性はある。ただ、土屋がまたも抵抗気味に内へ行くと、進入は1246・35か、12346・5の隊形が考えられる。

 2つ目のポイントは、守屋がどう攻めるか。序盤から軽快な行き足、伸びが光り、予選ラストの4日目10Rは、インから中へこみの展開にも動じず、逃げ快勝だった。パワーの良さを生かすならダッシュ勝負がベストだが、スローからでも足を生かせるはず。男女混合によるG2以上の特別競走では、昨年10月の津G2モーターボート大賞(4着)以来の優出へ、強気に運ぶ。

 準優11Rの枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 11R 準優勝戦>
1枠 魚谷 智之(兵庫支部)
2枠 和田 兼輔(兵庫支部)
3枠 毒島  誠(群馬支部)
4枠 吉川 元浩(兵庫支部)
5枠 磯部  誠(愛知支部)
6枠 古結  宏(兵庫支部)

【(C)BOATRACE】

 予選を突破した地元の兵庫支部勢4人が、同じレースで対決することとなった。その中に挟まれる形となった毒島誠【写真上】が、奮起の攻めを打つ。3日目終了時は得点率2位だったが、4日目はまさかの5、4着に敗れた。安定板が外れて調整に苦労したか、舟が浮いたり、ターン後の押しが弱く、3日目までの力強いレース足がなかった。しかし、準優までには調整力を駆使して気配を立て直すはず。センターから地元勢の壁を打ち崩す。

 準優12Rの枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 12R 準優勝戦>
1枠 河合 佑樹(静岡支部)
2枠 羽野 直也(福岡支部)
3枠 篠崎 仁志(福岡支部)
4枠 丸野 一樹(滋賀支部)
5枠 松井  繁(大阪支部)
6枠 横澤 剛治(静岡支部)

【(C)BOATRACE】

 1枠の河合佑樹は6戦4勝、オール2連対でまとめ、仕掛けもばっちり決まっている。インで堂々の1番人気になるだろう。そんな河合を一撃で負かすなら、昨年大会覇者の丸野一樹【写真上】しかいない。

 今シリーズの丸野は調整面に苦労し続けたが、4日目12Rはインから会心のコンマ04を決めて力強く逃げた。回り足も上向きで、ムードは上がってきた。5枠松井繁の進入次第だがスロー、ダッシュ戦のどちらでも問題なし。切れ味鋭いターンで、1枠河合に迫る。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント