[RUGGERSコラム] リーグワン開幕!!オニギリ注目選手(外国人編パート1)

RUGGERS(ラガーズ)
チーム・協会

【ラグビーアプリ「RUGGERS」】

 みなさま遅くなりましたが…
 あけましておめでとうございます。2022年も宜しくお願いします。

 さて年末年始もラグビー、ラグビー、ラグビーと熱い日々が繰り広げられておりました。高校は東海大大阪仰星高校が4季ぶり6回目の優勝を、大学は帝京大学が4年ぶり10回目の優勝を果たしました。両校共に、圧倒したというより、厳しい戦いの中を勝ち上がってきての優勝という印象を受けました。高校・大学共に、飛び抜けた一強と言われるようなチームがなく、どのチームが勝つかわからないと言われていました。その中で、両校共に優勝予想として名前が挙がることは比較的多かったものの、決して簡単に勝ち上がっているわけではなく、ましてやスーパースタープレーヤーがいるわけでもなく、チームで勝った印象です。

 さて、今年度の学生ラグビーは終了しましたが、ついに開幕したのが「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」です。
 残念ながら、1月7日のリーグ開幕戦「クボタスピアーズ船橋・東京ベイvs埼玉ワイルドナイツ」はコロナ感染の影響で中止となりましたが、翌1月8日「東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京」の試合において、玉塚理事長の開幕宣言でスタートいたしました。

 開幕したことでファンの皆さんもホッとしたことかと思いますが、一方で開幕戦以外にも「トヨタヴェルブリッツvs静岡ブルーレヴズ」、ディビジョン3では「清水建設江東ブルーシャークスvsクリタウォーターガッシュ昭島」「九州電力キューデンヴォルテクスvs中国電力レッドレグリオンズ」などの試合でコロナによる中止が決定しています。開幕早々から厳しい洗礼を受けておりますが、まずは感染した選手・スタッフおよび濃厚接触者となった皆様の回復と復帰を心からお祈り申し上げます。

 そんな中ですが、今回はオニギリが注目する外国人選手へLet's オニギリ's eye!!

 まず記念すべき1人目は、埼玉ワイルドナイツのラクラン・ボーシェー選手
 ボーシェー選手の来日が決まった時、オニギリは一人で大興奮しておりました!! ボーシェー選手を一言で言うと「ジャッカル職人」。スーパーラグビーではチーフスに所属しており、1試合で何度ターンオーバーするの!?というブレイクダウンでの仕事はワールドクラス。オールブラックスにも手が届くかというところで、手が届かず…。オールブラックスの3列はレベル高すぎますからね。そんな選手が、日本で見られるなんてオニギリは幸せです!
 今季見てみたい対戦は、ボーシェー選手vs静岡ブルーレヴズのクワッガ・スミス選手。
 この2人の3列仕事人対決はもう夢の対決としか思えません。他に、トヨタヴェルブリッツのピーターステフ・デュトイ選手は、タイプは違いますが、2019年ワールドラグビー最優秀選手に選ばれた程の実力で、ボーシェー選手との対決にワクワクしてしまいます。日本人であれば、和製ジャッカル職人こと姫野和樹選手。ワールドカップでもスーパーラグビーでも世界に見せつけたジャッカル職人。目が離せません!

 2人目は、トヨタヴェルブリッツのパトリック・トゥイプロトゥ選手
 昨年、トヨタにはキアラン・リード選手、マイケル・フーパー選手という世界2大スター選手が所属していましたが、今年はパトリック選手と前述のデュトイ選手が加入し、戦力は全く落ちない補強がされております。その中でもパトリック選手は、オールブラックスの中でもオニギリが好きな選手でして、キャップ数は35、派手さはないですが、黙々とボールを持って相手FWを壊していく姿に震えが止まりません。
 次のワールドカップまではブルーズとの契約があり、トヨタで活躍した後はブルーズに戻ってオールブラックスを目指すと思われます。レタリック選手のように手足が長いわけではありませんが、コンタクト力、前への推進力は引けを取りません。そんなパトリック選手へのタックルで対戦して欲しいのは、NTTコミュニケーションズの金選手や、静岡ブルーレヴズの三村選手です。彼らのような和製タックラーがどう倒すのか楽しみですね。

 3人目は、東京サントリーサンゴリアスのダミアン・マッケンジー選手
 そう、もう皆さんお馴染みのマッケンジー選手。ゴールキックを蹴る時のニヤリとした微笑み。キックだけでなく、ランニングスキルとパススキルはワールドクラス級で、初戦の東芝戦でもグラウンドでの存在感がすごかったですね。昨年のTJペレナラ選手のようなイメージがありましたね。あの存在感はどのように出すのか…。
 マッケンジー選手は注目なのですが、マッケンジー選手とどのように戦うか、「存在感」対決ですと、日本人で言えば山田章仁選手。昨年は、あまり目立ちませんでしたが、グラウンドに出てきた時、ボールを持った時のオーラと言えばこの人に違いありません。
 同じグラウンドで立った時、どんな対戦が見られるか注目したいですね!

 以上がオニギリの注目している外国人選手となります。
 今年加入選手だけでなく、他にもたくさん注目している(もうすぐ日本代表になれる!?ワールドクラス選手にも負けない!?など)選手は挙げれば挙げるほど…
 キリがありませんので、次回以降試合を通じてご紹介していきたいと思います。

 コロナの影響を受けている状況でありますが、無事にリーグワンがシーズン終了まで開催され、選手だけでなく、ファンや子供たちへ夢や感動を与えられるような熱い試合が繰り広げられることを楽しみにしております。

 次回のオニギリ's eyeも乞うご期待ください。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

RUGGERS(ラガーズ)

「RUGGERS(ラガーズ)」は、日本ラグビーフットボール選手会が運営主体を務め、ファンと選手がつながる新しいラグビーアプリ(メディア)です。トップリーグ選手の投稿や、ラグビー関連の記事をまとめています。オリジナルコラムや動画も配信しています。アプリもぜひご覧ください。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント