2022年サーフィンチャンピオンシップツアー(CT)はオーストラリア勢が席巻するか?

チーム・協会

【(カラム・ロブソン) PHOTO: © WSL/Poullenot】

2022年サーフィンチャンピオンシップツアー(CT)開幕まで約2週間。

今シーズンは、豪サーファーの活躍が目立ちそうだ。ここ数年CTを席巻してきたブラジル勢に次ぎ、「オーストラリアン・ストーム」が巻き起こる可能性もある。

オーストラリア出身のメンズルーキーはリアム・オブライエン、カラム・ロブソン、ジャクソン・ベーカーの3名。

その他、ルーキーイヤーにトップ5入りしてワールドサーフリーグファイナルを戦ったモーガン・シビリック、ジャック・ロビンソン、ライアン・カリナン、イーサン・ユーイング、コナー・オレアリー。
怪我によってチャンピオンシップツアーの出場権を手にしたオーウェン・ライトを含め、9名の選手が2022年チャンピオンシップツアーのスタンバイに入っている。

なお、メンズ34名の内、ブラジルとオーストラリアが最多の9名で並んでいる。
5名いるウィメンズを含むと2022年チャンピオンシップツアーはオージーの選手が最多となる。

今回はオーストラリアン・ストームの一員となる可能性がある3名のルーキーを紹介する。

すでにチャンピオンシップツアーで結果を残したリアム・オブライエン

リアム・オブライエン 【© WSL/Heff】

2022年にデビューする3名のルーキーは全てオージーらしいパワーサーフィンが武器の選手。

チャレンジャーシリーズ(CS)ランキング3位でチャンピオンシップツアー入りを果たしたリアム・オブライエンは2021年のオーストラリアレッグ、ロットネスト島の『リップカール ロットネスト サーチ』という大会に特別出場枠で出場。準決勝に進出してすでにチャンピオンシップツアーレベルの実力を持つことを証明していた。

彼のコーチであるボトルことジェイ・トンプソンは元CT選手でコーチとしても非常に評価が高く、モーガン・シビリックをルーキーイヤーに飛躍させたことでも有名だ。

最も意外性があるカラム・ロブソン

カラム・ロブソン 【© WSL/Heff】

クオリファイングシリーズランク(QS)3桁台から一気にクオリファイを果たしたカラム・ロブソンはルーキーの3名の中で最も謎めいた存在。

ゴールドコーストのクレイジーなオーストラリア発のファッションブランド「THE MAD HUEYS(マッド・ヒューイ)」のメンバーで、釣りが好きなレギュラーフッターというのがシーズン前の印象だが、先日のゴールドコーストのサイクロンセッションでは何本ものチューブ波を抜けて目立つ存在だった。
最近のオージーらしく難易度の高い技であるエアリアルも得意であり、ルーキーの3人の中では最も意外性がある選手。
どの舞台でも表彰台に上がる可能性がある。

ちなみにカラムが住むエヴァンスヘッズはオーストラリア東海岸で最もサメの目撃情報が多い場所で、彼自身もサーフィン中に何度もサメに遭遇したことがあるそうだ。

苦労人のジャクソン・ベーカー

ジャクソン・ベーカー 【© WSL/Bielmann】

ルーキーの3人の中で最も苦労人と言えるジャクソン・ベーカーは本格的にQSを転戦し始めた2015年から毎年来日しているので、その名前を聞いた方はいるかもしれない。

CSでは第2戦のポルトガルのエゼキエル・ラウに続く2位に入ったものの、その他のイベントは良い結果を残せず、最終戦は33位。
クオリファイは他選手の結果次第というシチュエーションとなり、ランキング14位と滑り込みで念願のCT入りを決めた瞬間は人生最高の笑顔を見せていた。

ちなみにスポンサーに恵まれていないジャクソンはコロナ禍で通常よりも費用がかかる海外遠征のために同じニューキャッスルのサーファーのフィリップ・アンダーソンと共にクラウドファンディングを行い、約20,000ドルを集めた。

2022年チャンピオンシップツアー開幕戦『Billabong Pro Pipeline』は1月29日〜2月10日にパイプラインで開催される。

WSL公式サイト:http://www.worldsurfleague.com/
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

THE SURF NEWS「サーフニュース」

国内外のサーフィン関連ニュースを発信する「THE SURF NEWS(サーフニュース)」の公式アカウントです。2020年東京五輪のサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、初心者から経験者まで役に立つHowToなど様々なニュースをお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント