コベルコ神戸スティーラーズ、リーグワン初代チャンピオンに向けていざ出陣!

チーム・協会

【コベルコ神戸スティーラーズ】

いよいよラグビー新時代の幕開けとなる「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」の戦いの火蓋が切られる。コベルコ神戸スティーラーズは、1月8日(土)のホストゲーム開幕戦でシャイニングアークス東京ベイ浦安(以下、SA浦安)を迎え撃つ。オープニングマッチを前に選手の意気込みを紹介する。
PR山本幸輝選手
開幕戦のメンバーに選ばれて光栄に思います。神戸に来て以来、毎日良い練習を積むことができ、自分自身成長を感じています。強みであるセットプレーだけでなく、フィールドプレーにおいても存在感を発揮できるようになっていると思いますので、開幕戦ではファンの皆様に成長した姿をご覧いただけるように頑張ります。対戦相手のSA浦安は、スクラムにプライドを持っているチームで、激しいバトルになると思います。レベルアップしたスクラムを見せて、インパクトを残すことができるようにしたいと思います。

開幕スタメンを勝ち取った新戦力の山本選手 【コベルコ神戸スティーラーズ】

FL橋本皓選手(ゲームキャプテン)
最後のプレシーズンマッチ(vsクボタスピアーズ船橋・東京ベイ)から3週間が空きましたが、この間、強度の高い練習を積んできて、良い準備ができています。開幕戦から神戸らしいボールを動かすラグビーを精度高く遂行したいと思います。相手のSA浦安は、FWにもBKにも良い選手がいて、僕たちと同じような展開ラグビーを標榜しているチームです。開幕戦では僕たちの方が上回っていることを証明したいと思います。個人的には、入団6年目で初めて開幕スタメンを勝ち取りました。気合いが入っていますし、良いタックルをしてチームに勢いを与えたい!神戸を代表するチームとしてリーグワン初代チャンピオンを目指して戦っていきますので、応援よろしくお願いします!

練習でも鋭いタックルを連発していた橋本(皓)選手 【コベルコ神戸スティーラーズ】

CTB李承信選手
初めてのスタメン出場です。開幕戦は10番か12番をつけてグラウンドに立ちたいと思っていたので、先発を言われた時は嬉しかったです。プレシーズンマッチや練習を通じて、昨シーズンよりも強みであるランやゲームコントロール、課題であったコミュニケーションのところで成長を感じているので、自信を持って開幕戦に臨むことができます。チームの目標はトップリーグと同様にリーグワンでも初代チャンピオンになることです。その目標を達成するためには、初戦が重要になってくると思いますので、良いラグビーをして、きっちり勝利したい。また、神戸出身の選手として、地元で最高のパフォーマンスをして、ご来場いただいた皆様方を笑顔にしたいと思います。

若きバイスキャプテン、入団2年目の李選手 【コベルコ神戸スティーラーズ】

WTB中孝祐選手
入団1年目の昨シーズンは出場機会がなく、悔しさがありました。「試合に出たい」とずっと思っていたので、メンバーが発表された時は嬉しい気持ちでいっぱいでしたが同時に緊張も感じました。今は、緊張感はなくなり、試合に向けて「やってやるぞ」という気持ちになっています。僕の持ち味はフィジカルの強さとスピードをいかしてトライを取り切ることですので、開幕戦でもトライを決めたい。また、開幕戦が行われる1月8日は、全国高校ラグビー大会の決勝戦が開催され、弟がプレーする東海大大阪仰星高校は優勝まであとひとつのところまで来ています。弟のプレーと母校の活躍に刺激をもらっていますので、僕も開幕戦でチャンスをものにし、中家のメモリアルデーにしたいと思います。

初めてのメンバー入りに気合いが入る中選手 【コベルコ神戸スティーラーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

コベルコ神戸スティーラーズ

1928年創部。1988年にチームの愛称である「Steelers」の文字をジャージに採用し、人とボールがよく動く「クリエイティブラグビー」を信条に、1989年の日本選手権で初優勝を収める。以降、1995年まで連続で日本一を勝ち取り、歴代最多タイ記録となる7連覇を達成。2003年度より開幕したジャパンラグビートップリーグでは初代王者に輝き、2018年にはシーズン無敗で日本一に輝いた。 2022年から開幕する「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」では、チーム名を「コベルコ神戸スティーラーズ」とし参戦する。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント