【サッカー】パリ五輪を目指すU-21日本代表監督に大岩剛氏が就任...2018年に鹿島でACL制覇

Olympics.com
チーム・協会

【(C)Getty Images】

日本サッカー協会(JFA)は12月16日、第33回オリンピック競技大会(2024年パリ五輪)を目指すU-21日本代表監督に大岩剛氏が就任することを発表した。またJFAは冨樫剛一氏がU-19日本代表監督に、森山佳郎氏がU-16日本代表監督に就くことも発表している。

静岡県出身の大岩氏は1972年6月23日生まれ。筑波大学卒業後の1995年、名古屋グランパスエイト(当時)に加入しプロデビューした。その後ジュビロ磐田、鹿島アントラーズでプレーし2010年に現役を引退。2017年7月から2019年までは鹿島の監督を務め、2018年にはチームをAFCチャンピオンズリーグ初制覇に導いた。2021年はU-18日本代表監督を務めている。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Olympics.com

IOCオフィシャルメディア、オリンピックチャンネルの公式アカウントです。オリンピックに関わるスポーツのニュースやコラム、読者の皆様に役立つ情報をお届けします。またオリンピックのドキュメンタリー映像やメダリストたちの名場面集など、動画コンテンツの配信も行っています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント