市民が集う公共の場「ボートレースからつ」

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACEからつ】

11月27日(土)にリニューアルオープンした「ボートレースからつ」のスタンドは、レース場の成り立ちをふまえながら新しいカタチを提示している。

そのコンセプトは「地域に開かれた場所」である。

写真トップはスタンド1階の1マーク側にある「ブックカフェ」。店内はブラウン系で統一されシックで落ち着きがある。コーヒー一杯150円でゆったりくつろぐことができる空間は、その名のとおり本を読むのに絶好。書籍や雑誌、絵本も用意されており、新しい発見が待っているかもしれない。

【(C)BOATRACEからつ】

また、音楽スタジオも2部屋設けられている。全国24カ所にあるレース場で初の試みだ。
防音室であるのは当然ながら、持ち運びできないドラムも備わっており、誰でも気軽に演奏を楽しむことができるようになっている。

さらに、広いキッチンスタジオもある。大きな窓から水面を望むスペースは明るく開放的。料理中の会話を妨げない遮音も行き届いている。…まさに地域のカルチャーセンターである。

【© BOAT RACEからつ】

このほか、ボルダリング施設やフードコート、そしてエントランスを入ってすぐにある遊びの広場「Mooovi」(モーヴィ)など、「ボートレースからつ」のリニューアルスタンド1階は「地域の広場」といっていい。

【© BOAT RACEからつ】

そして、舟券売り場は2階に集約されている。ほどよい高さで水面全体を見渡せるだけでなく、広い通路を設けストレスを感じさせない造りだ。
このスタンド2階には一般席やテーブル席、ペア席、ロイヤルルームなどが設けられており、多様にボートレースを観戦し楽しむことができる。

ゾーニングが行き届いているリニューアルスタンドは、「ボートレースからつ」が目指すコンセプトを見事にカタチにしているといっていいだろう。

明日9日にはG3第22回酒の聚楽太閤杯が開幕となる。シリーズリーダー候補は森高一真・山地正樹・永井源・伊藤将吉・小坂尚哉・西野翔太・金子拓矢。シリーズの「七人の侍」だ。

それぞれの趣向に合わせ地域に開放されている「ボートレースからつ」。楽しみは尽きない。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント