『2021 ISA 世界パラサーフィン選手権』カリフォルニアで開幕

チーム・協会

【ISA / Sean Evans】

国際サーフィン連盟(ISA)主催のパラサーフィンイベント『2021 ISA World Para Surfing Championship』がカリフォルニア・ピズモビーチで開催中だ。12月6日に開幕式が行われ、7日から試合がスタート。大会期間は12月11日まで。大会映像はISA公式サイト特設ページでライブ配信される。

24カ国130名の選手が参加するこの世界選手権は、『ISAワールドサーフィンゲームス』と同様、アスリートが個別に競って稼いだポイントの合計で国別ランキングが決まる仕組み。競技は立つ、膝立ち、座る、うつ伏せ、視覚障害の5部門をさらに強度別に分け、計9クラスに区分されている。

パラサーフィンのクラス分け詳細
https://isasurf.org/learning/para-surfing/isa-para-surfing-classification/

今大会には、前回2020年大会の銅メダリスト藤崎滋(PARA SURF VI-2)と勝倉直道(PARA SURF STAND 3)、2017年大会銅メダリスト藤原智貴(PARA SURF PRONE 1)、奈良優(PARA SURF STAND 1)、島川幹生(PARA SURF STAND 1)、高尾千香子(PARA SURF STAND 1)、小林征郁(PARA SURF KNEEL)の計7名が出場。

日本代表は第2回大会となる2016年から参加しており、前回大会では見事2つの個人銅メダルを獲得し、チームとしては8位に入っている。今大会も日本代表団の活躍に期待だ。

(THE SURF NEWS編集部)

各国の砂を持ち寄り1つの箱に収めるサンド・オブ・ワールド・セレモニー 高尾千香子 【ISA/BenReed】

島川幹生(PARA SURF STAND 1) 【ISA/BenReed】

勝倉直道(PARA SURF STAND 3) 【ISA/SeanEvan】

藤原智貴(PARA SURF PRONE 1) 【ISA/BenReed】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

THE SURF NEWS「サーフニュース」

国内外のサーフィン関連ニュースを発信する「THE SURF NEWS(サーフニュース)」の公式アカウントです。2020年東京五輪のサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、初心者から経験者まで役に立つHowToなど様々なニュースをお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント