IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

<BBCトーナメント特集>男子だけじゃない!強敵に果敢に挑む女子レーサー

BOATRACE

いまボートレース界には女子レーサーが243名いるが、その代表7名が今回鳴門に集うことになる。
名付けるなら「ボートレース界の女子七色光線!」である。
代表7名は以下のとおりだ。(登録番号順)
田口節子 (岡山支部 登録番号4050 85期)
細川裕子 (愛知支部 登録番号4123 88期)
平山智加 (香川支部 登録番号4387 98期)
平高奈菜 (香川支部 登録番号4450 100期)
守屋美穂 (岡山支部 登録番号4482 101期)
遠藤エミ (滋賀支部 登録番号4502 102期)
小野生奈 (福岡支部 登録番号4530 103期)
いずれもボートレース界の看板娘である。

(C)BOATRACE

なかでも注目一番手は遠藤エミだろう。
8月の浜名湖レディースチャンピオンでは1コースから逃げてG1タイトルを2冠としている。(もう1回は2017年大村のクイーンズクライマックス)
「調子が良くないのにいつも通り応援してくれるファンの方々がいてくださる…」と涙した姿は今でも多くの人の心に刻まれている。

(C)BOATRACE

また、9月の福岡で優勝し、24場制覇を果たした田口節子にも期待が集まる。
史上33人目の快挙ながら、女子レーサーでは初めて。G1V2の女子実力派の底力は凄みがある。
85期「銀河系軍団」の切磋琢磨が背景にあるのも事実だろう。
ちなみに、その「銀河系」からは湯川浩司と興津藍が参戦する。
男子52キロに対して47キロに設定されている最低体重差がもたらす出足・行き足の違いも舟券予想には欠かせないポイントとなるだろう。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント