今年も三冠馬の有終の美を見られるか? JCを展望する

JRA-VAN
チーム・協会

【2020/5/31 東京11R東京優駿(日本ダービー)(G1) 1着 5番 コントレイル】

昨年は3頭の「三冠馬」が激突する歴史的一戦として大いに注目されたジャパンカップ(以下JC)。そこで2着だったコントレイルが、今年は引退レースに臨む。勝って有終の美を飾ることはできるのか。それとも、1歳下のダービー馬シャフリヤールなどの精鋭が阻止するのか。過去10年のデータを元に、レースを展望していこう。データの分析には、JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

人気別成績

■表1 【人気別成績】

表1は人気別成績。過去10年の1着馬の内訳は、1番人気が4勝、3、4番人気が各2勝、2、5番人気が各1勝となっており、6番人気以下から勝った馬はいない。また、10番人気以下の好走は2、3着が1回ずつあるだけで、あとの好走は7番人気までに限られる。現在のJCは人気馬が強く、穴馬には難しいレースとなっているようだ。

枠番別成績

■表2 【枠番別成績】

表2は枠番別成績。過去10年、1枠が4勝、勝率23.5%、複勝率52.9%の好成績を収め、2枠が2勝で続く。複勝率20%を超えるのが1〜3枠だけということを考えても、内枠の優位は間違いなさそうだ。

東西別・牡牝別・年齢別成績

■表3 【東西別・牡牝別・年齢別成績】

表3は「所属厩舎の東西別」「牡牝別(セン馬は牡馬に含む)」「年齢別」の成績をそれぞれ示したもの。「東西別」は関東馬2勝、関西馬8勝。好走率からいっても関西優勢と考えられるだろう。「牡牝別」は牡馬4勝、牝馬6勝で、好走率でも牝馬が牡馬を大きく上回っている。「年齢別」は3歳の好走率がやや高いが、4歳や5歳もそれほど差がない数値を記録している。一方、6歳以上は連対例がなく、基本的には3〜5歳を重視すべきだろう。

休み明けn戦別成績

■表4 【休み明けn戦別成績】

表4は「休み明け何戦目」の成績がよいのかを示したもの。ここでは前走から中9週以上を休み明けとして扱っている。好走例の大半を占めるのは「休み明け2戦」か「休み明け3戦」。この両者の比較では前者が8勝、後者が2勝となっており、好走率を考えても「休み明け2戦」のほうが優位とみなせる。あとは「休み明け4戦」で2着に入った馬が1頭いるだけで、「休み明け初戦」や「休み明け5戦以上」で好走した例はない。

前走レース別成績

■表5 【前走レース別成績】

※JC好走例のあるレースのみ掲載

表5は前走レース別成績で、JCで好走例のある前走のみを掲載している。ご覧の通り、好走例のある前走は、海外を含めG1かG2に限られる。また、出走例、好走例ともに最多の天皇賞・秋については、次の表6の項で関連するデータを改めて確認したい。

天皇賞・秋以外では前走秋華賞が【2.1.1.2】の好成績。そして、この組で好走した4頭はすべて秋華賞で連対を果たしていた。ほかにJC1着馬を出している前走は京都大賞典だけ。そして、京都大賞典以外のレースを含め、前走G2組で好走した馬は延べ5頭(16年1〜3着のキタサンブラック、サウンズオブアース、シュヴァルグラン、17年1〜2着のシュヴァルグラン、レイデオロ)いるが、そこから導かれる条件は前走のG2で「1〜3番人気」「1〜4着」であること。加えてこの延べ5頭は、いずれもG1で1〜3着の実績を持っていたことも記しておきたい。

前走天皇賞・秋出走馬の各種データ

■表6 【前走天皇賞・秋出走馬の各種データ】

天皇賞・秋(以下秋天)でどのようなレースをしていた馬がJCでは好走しやすいのか。表6では、秋天における「着順」「上がり3F順」「4角通過順」に関するデータを見ていきたい。

まずは「着順」。今年勝ったエフフォーリアの出走はないが、秋天1着馬は【1.1.3.1】と高い確率でJCでも好走している。以下、JCを勝つためには9着までには収まっておきたいところ。ただ、10着以下から2、3着に巻き返した馬も3頭おり、秋天でふたケタ着順というだけで見限るのは早計かもしれない。

続いて「上がり3F順」。このデータを見る限り、JCを勝つためには秋天で上がり1〜5位の脚は見せておきたい。実際、秋天の上がり1〜5位だった馬のJC成績は【6.1.5.17】、勝率20.7%、複勝率41.4%、単勝回収率106%、複勝回収率138%と優秀だ。

「4角通過順」の傾向はなかなか興味深い。まず秋天で4角1、2番手だった馬は合算して【1.1.1.2】、勝率20.0%、複勝率60.0%となかなかの好成績。しかし、4角3〜4番手や5〜6番手だった馬の成績はあまりよくなく、合算して【1.0.1.10】、勝率8.3%、複勝率16.7%にとどまる。つまり、秋天で中途半端に先行するよりも、もっと前で競馬を進めていた馬のほうがJCでは好走しやすいようだ。そして秋天で4角7〜9番手だった馬の成績は【3.1.2.3】、勝率33.3%、複勝率66.7%と抜群。秋天でこのあたりから差す競馬をしていた馬は注目する価値が高そうだ。

同年のオープンクラス勝利数別成績

■表7 【同年のオープンクラス勝利数別成績】

※同年のオープンクラスに出走歴がある馬が対象

引退レースとなるコントレイルだが、今年の2戦で大阪杯3着、天皇賞・秋2着と勝利を挙げられなかったのは気になるところだろう。そこで、表7では「同年のオープンクラスにおける勝利数別成績」を調べてみた。これによると、同年にオープンで4勝以上を挙げていた5頭はすべて好走とさすがの成績。また、3勝や2勝も複勝率30%台を記録している。対して、1勝や0勝だと複勝率10%台にとどまる。こうして見ると、基本的には同年に多くの勝利を挙げている活躍馬、好調馬ほど狙いやすいとは言えそうだ。

とはいえ、過去10年のJC勝ち馬のうち半分の5頭は同年0勝馬だから、勝っていないからといって無視することはできない。特にJCで1〜5番人気に推されていれば【5.2.1.8】、勝率31.3%、複勝率50.0%、単勝回収率205%、複勝回収率98%としっかり結果を出している。上位人気が確実視されるコントレイルであれば、過度に心配する必要はないのかもしれない。

【結論】

冒頭で述べた通り、今年のJCで最大の関心を集めるのは、コントレイルが有終の美を飾ることができるかどうかだろう。気になるのは今年未勝利という点だが、表7の項で上位人気であれば過度に心配しなくてもいいことを確認した。では、前走天皇賞・秋の内容はどうか。2着、上がり1位もさることながら、目を引くのは4角8番手だったこと。秋天の4角通過7〜9番手だった馬の好走率が非常に高いのは表6で確認した通りで、JCにつながる内容だったと言えるのではないか。

ほかに秋天組は5頭。そのうちJCで好走の大半を占める3〜5歳馬なのは、5歳のモズベッロのみ(カレンブーケドールも5歳だが回避予定)。秋天は上がり13位で13着と振るわなかったが、秋天2ケタ着順や上がり13位から2、3着に巻き返した例はある。そして、この馬も4角通過順が8番手。4コーナーで近くにいたコントレイルとは違い、そこから脚を伸ばすことはできなかったが、大阪杯では先着した実力馬だけに軽視はできない。

前走G2組は、そこで「1〜3番人気」「1〜4着」かつ「G1で1〜3着の実績」を持っていることが過去の好走馬の共通項だった。もちろん、3〜5歳馬であることは大前提だ。今年これを満たすのは、京都大賞典で1番人気2着のアリストテレス(4歳、菊花賞2着)、神戸新聞杯で1番人気4着のシャフリヤール(3歳、ダービー1着)の2頭である。

そのほか、JCと相性がいい秋華賞組からはユーバーレーベンが出走を予定しているが、その秋華賞で13着だったのは減点と言わざるをえない。

表7の項で、同年のオープンクラスで2勝以上挙げていた馬の好走率が高いことを延べたが、今年の登録馬で該当するのはシャフリヤールだけ。残りの登録馬はすべて1勝か0勝にとどまる。データ上、過去10年に好走例がない外国馬を推すことは難しいのだが、この状況であれば久しぶりにチャンスが回ってくる可能性も捨てないほうがいいのかもしれない。

文:出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

JRA-VAN

【JRA公式データ配信サービス】のJRA-VANは、PCやモバイルに向けて競馬予想に役立つデータや情報を提供しております。 重賞レースなどのオフィシャルコラムや、海外競馬情報、JRA-VANのイベント情報、お得なキャンペーンなど、あなたの競馬ライフを豊かにする情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント