IDでもっと便利に新規取得

ログイン

早稲田スポーツ新聞会

早大ラグビー蹴球部 関東大学対抗戦 慶大戦展望

早稲田大学競技スポーツセンター

関東大学対抗戦 11月23日 対慶大 東京・秩父宮ラグビー場

早稲田スポーツ新聞会(記事 森田健介、写真 橋口遼太郎)

 今年の関東大学対抗戦(対抗戦)も残すところあと2戦となった。11月23日、早大は東京・秩父宮ラグビー場で伝統の一戦を迎える。前節の帝京大戦では、スクラムで主導権を握られ、苦しい戦いを強いられた。後半に必死の追い上げを見せるが一歩及ばず、対抗戦初黒星。一方慶大は、ここまで3勝2敗。早大より順位は低いものの、前節の明大戦では対抗戦2連覇中と勢いに乗る相手に対して、新たな攻撃の起点を見せていた。試合を重ねるごとにチームとしての完成度を高めてきている。来る早慶戦。互いの誇りをかけた負けられない一戦となる。

 対抗戦初黒星となった帝京大戦。この試合ではスクラムが勝敗を大きく左右した。早大は強力なFW陣をもつ帝京大に対し、スクラムでは真っ向から勝負にいった。しかし、終始スクラムで優位に立たれ、理想とするかたちでボールを出すことができない。とりわけ前半は、ボールをロストし、自分たちの攻撃を展開できなかった。得点はPGによる3点のみ。9点ビハインドで後半を迎えることとなった。後半は反撃に出た早大。一時19点差にまで開いた点差も、1トライ1ゴール差にまで追い上げた。勢いそのままに終了間際に同点のチャンスを迎えるが、健闘もむなしくノーサイド。

帝京大戦でトライを挙げたWTB槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山) 帝京大戦でトライを挙げたWTB槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山) 早稲田スポーツ新聞会

 一方早大と同日同会場で試合を行った慶大。対抗戦2連覇中の王者に対して17ー46の完敗だった。今季武器としていたラインアウトからの攻撃は明大に封じ込められてしまう。また、副将山本凱らがチームの強みと語るディフェンスも明大に破られ、今季最多失点を喫した。それでも、ハイパントやBK陣の連携を起点にトライを奪った攻撃は、早慶戦でも脅威となるだろう。
今試合注目となるのは、今季対抗戦初出場となるフッカー原朋輝(スポ4=神奈川・桐蔭学園)と、前節試合途中から入り、活躍を見せたSO伊藤大祐(スポ2=神奈川・桐蔭学園)だ。この2人の起用が、早大にさらなる勢いをもたらすことに期待したい。

青学大戦以来のスタメン起用で期待がかかる伊藤 青学大戦以来のスタメン起用で期待がかかる伊藤 早稲田スポーツ新聞会

 早大にとって慶大は相性の悪い相手ではない。ここ数年間の対抗戦では僅差であるものの、11年間負けなし。この試合に勝利し、今後待ち構える明大、大学選手権へと流れをつくりたい。大田尾監督(大田尾竜彦監督、平16人卒=佐賀工)初の早慶戦勝利か。11年ぶりの雪辱か。意地と意地のぶつかり合いが幕をあげる。

関連リンク

クラブ名
早稲田大学競技スポーツセンター
クラブ説明文

「エンジの誇りよ、加速しろ。」 1897年の「早稲田大学体育部」発足から2022年で125年。スポーツを好み、運動を奨励した創設者・大隈重信が唱えた「人生125歳説」にちなみ、早稲田大学は次の125年を「早稲田スポーツ新世紀」として位置づけ、BEYOND125プロジェクトをスタートさせました。 ステークホルダーの喜び(バリュー)を最大化するため、学内外の一体感を醸成し、「早稲田スポーツ」の基盤を強化して、大学スポーツの新たなモデルを作っていきます。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント