【琉球vs群馬】ケガ人続出も連勝継続の琉球、今節も自慢の堅守で勝利を手繰り寄せられるか

B.LEAGUE
チーム・協会

【B.LEAGUE】

■琉球ゴールデンキングス vs 群馬クレインサンダーズ(@沖縄アリーナ)

第1戦:11月13日18時5分 第2戦:11月14日18時5分

 ケガ人を抱えながらも堅守を武器に6連勝中の琉球ゴールデンキングスが、11月は白星先行の群馬クレインサンダーズと対戦する。

 琉球は前節、西地区2位のシーホース三河との地区上位対決を8人で制した。前半は劣勢だったが、第4クォーター終盤にダブルチームやリバウンドから流れを呼び込んで逆転勝ち。好守から並里成や岸本隆一が得点に結びつけたことはもちろん、小寺ハミルトンゲイリーやアレン・ダーラムがディフェンスで踏ん張ったことも大きかった。手負いの状況だが、チームディフェンスで接戦をもぎ取る強さはキングスの真骨頂かもしれない。

 一方、東地区8位の群馬クレインサンダーズは現在4勝7敗だが、11月は2勝1敗と白星を先行させている。ここまで得点ランキング3位のトレイ・ジョーンズがけん引する攻撃が目を引いているが、前節の横浜ビー・コルセアーズ戦ではディフェンスから流れをつかむことに成功した。五十嵐圭を欠く中で、ルーキーの司令塔・菅原暉が約27分の出場で、ターンオーバー1と試合を作ったことも頼もしい。
 今節の見どころは、群馬が琉球の堅守を打開できるか。前節、勝ったとはいえ第4クォーターだけでターンオーバーが6を数えただけに、試合運びの粗探さは目立つ。ミスを最小限に、オンドレイ・バルヴィンの高さや、勝負強いジョーンズの活躍で勝ち星を奪いたい。

 対する琉球は、限られた戦力の中でディフェンスの強度を保てるか。40分間集中力を切らすことなく守り続け、勝利を手繰り寄せたい。

文=大橋裕之

■ロスター

・琉球(HC:桶谷大)
小寺ハミルトンゲイリー
並里成
コー・フリッピン
アレン・ダーラム
渡邉飛勇 ※インジュアリーリスト
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
ジャック・クーリー
牧隼利
・群馬(HC:トーマス・ウィスマン)
マイケル・パーカー
トレイ・ジョーンズ
五十嵐圭
杉本天昇
野本建吾
オンドレイ・バルヴィン
笠井康平
菅原暉
アキ・チェンバース
上江田勇樹
山崎稜
ジャスティン・キーナン
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

B.LEAGUE

国内男子プロバスケットボールリーグのB.LEAGUE情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント