千賀滉大が6年連続2桁勝利に到達! 福岡ソフトバンクが15得点大勝でシーズンを終える【10/25 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 10月25日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第25回戦は、15対7で福岡ソフトバンクが勝利。シーズン最終戦を大勝で飾り、60勝62敗21分の4位で2021シーズンを終えた。

 福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手は初回、マーティン選手の一発で先制を許す。しかし2回表、安打と失策で1死1、2塁の好機をつくると、甲斐拓也選手の適時打とリチャード選手の犠飛で逆転に成功。さらにこの後、柳町達選手から5連打の猛攻を見せ、5得点を奪った。

 3回表には、柳町選手のソロ本塁打で1点を追加。この一発がプロ初本塁打となった柳町選手は、「初ホームランでうれしい。逆方向へ打つのは自分の長所でもあるが、マリンの風が後押ししてくれた」とコメントしている。続く4回表、栗原陵矢選手にも2戦連発となる21号2ランが飛び出し、リードを9点に広げた。

 6回以降も打線の勢いは止まらず、中村晃選手の本塁打、リチャード選手の適時打などで5得点を挙げた。一方、5回裏に2失点を喫した千賀投手は、6回を投げ切ったところで降板。救援陣が2被弾などで4点を失ったものの、大量リードを守り切り、15対7で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発全員安打を含め、チーム全体で20安打15得点と打線が爆発。2安打5打点の活躍を見せた栗原選手は、キャリアハイとなるシーズン77打点を記録した。また、6回3失点の好投を見せた千賀投手は、6年連続の2桁勝利を挙げている。敗れた千葉ロッテは、先発の美馬学投手が1.2回7失点(自責0)と誤算で、優勝マジックを減らすことができなかった。

  123456789 計
ソ 071202120 15
ロ 100020121 7

ソ ○千賀滉大-石川柊太-甲斐野央-板東湧梧
ロ ●美馬学-岩下大輝-東妻勇輔-田中靖洋-鈴木昭汰

文・吉村穂乃香
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント