トヨタ自動車レッドテリアーズ延長タイブレーク制し2位再浮上

トヨタレッドテリアーズ
チーム・協会

【トヨタレッドテリアーズ】

 日本女子ソフトボールリーグ名古屋大会が10月23日(土)、名古屋市パロマ瑞穂野球場で開催され、最終節となるこの日まで、リーグ3位につけていたトヨタレッドテリアーズであったが、大会初日、戸田中央総合病院メディックスと対戦し、延長タイブレークの末2対1で勝利した。同日別会場で行われていた、2位の日立サンディーバが敗れた為、直接対決での戦績が上回るトヨタレッドテリアーズが2位に順位を上げた。

 勝敗を分けたのは細かなミスの差だった。

トヨタは2回にチャンスを作ると、相手のミスなどで1点先制。しかしその後、戸田メディックスの外国人投手リレーに上手く抑えられ、ゼロ行進が続いた。
 先制後の嫌な空気が漂う中、トヨタの先発は後藤希友。初回から安定したピッチングで4回をパーフェクトに抑える。
5回からはモニカ・アボットへ交代。
テンポ良くアウトを重ねるが、1点リードの7回、まさかのソロホームランを打たれ勝負はタイブレークへ。

 表のレッドテリアーズの攻撃、ノーアウト2塁の場面から鎌田優希選手の打球をジゼル・ヲーレス投手が悪送球し、決勝となる2点目をもぎ取った。
 5回からマウンドに上がり、7回に同点打を浴びたモニカ・アボットも8回裏はピシャリと抑え、勝利した。


大会二日目の太陽誘電ソルフィーユとの最終戦で最終順位が確定する。
 

 この試合の勝利で決勝トーナメント進出を決めた彼女たちだが、王座奪還を狙う若テリアーズにとって、茨の道が続いている。日々の試合全てが明日への活力となる。24日の最終戦も全員総力で戦い、決勝トーナメントに向けて弾みをつける。

石川選手 【トヨタレッドテリアーズ】

伊波選手 【トヨタレッドテリアーズ】

切石選手 【トヨタレッドテリアーズ】

鎌田選手 【トヨタレッドテリアーズ】

後藤選手 【トヨタレッドテリアーズ】

トヨタレッドテリアーズの選手たち 【トヨタレッドテリアーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

トヨタレッドテリアーズ

トヨタ自動車女子ソフトボール部レッドテリアーズの創立は、1948年。 女子ソフトボールリーグに第1回から参戦する最古参のチームで、優勝を多数経験しており、 2010年~2012年には三連覇を果たしている。 チームのセカンドネーム『レッドテリアーズ』は、チームカラーの『レッド』とチームキャラクターの『ヨークシャ・テリア(キャラクター名:ルーキー)』を合わせたもの。ヨークシャ・テリアという犬種は、「小柄ながらエネルギッシュで探求心が強い」「攻撃的な側面を持ちながら知的でもある」という特徴があり、その気質はチームの志としています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント