輝け、ベテランの星!「パ・リーグ インサイト」が現役35歳以上のパ・ベストナインを選出【投手・捕手編】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 プロ野球選手は概ね35歳頃から“ベテラン”と呼ばれる域に入る。ここでは「パ・リーグ インサイト」編集部が、今季の成績をもとに「パ・リーグ 現役35歳以上ベストナイン」を独自に選出。今回は投手・捕手編をまとめていく。ベテランとしてまだまだチームをけん引し続ける選手たちの活躍をデータ、特集動画とともにご覧あれ。(成績は10月22日時点)

【先発投手】東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手/1984年12月4日生(36歳)

 まず先発投手として選んだのは、東北楽天の岸孝之投手。東日本大震災から10年の節目となった今季は、自身3連勝を含む9勝をマークし、その姿はまさに若手投手陣の生きる教本となっている。地元・宮城に日本一の感動の渦を再び巻き起こしたい。

【中継ぎ投手】北海道日本ハムファイターズ・宮西尚生投手/1985年6月2日生(36歳)

 2008年に入団以降、13年連続50登板以上を達成している「北の鉄腕」宮西尚生投手。今季もここまで49試合に登板し、50登板目前に迫っている。投手が9イニングあたりに奪う三振数を表す奪三振率は「9」を優に超え、2019年以降3年連続でイニング数を上回る三振数を記録。まだまだ「鉄腕」にひびは入らない。

【抑え投手】オリックス・バファローズ 平野佳寿投手/1984年3月8日生(37歳)

 メジャーから帰ってきた男は未だ衰え知らず。今季もここまでリーグ2位の29セーブを記録している。その制球力の高さは折り紙付きで、投手が9イニングあたりに与える四球数を表す与四球率は1.88と低い数値を維持。力強さに加えて「精密さ」をアメリカから持ち帰ってきた平野佳寿投手は、チームの上位進出に大きく貢献している。

【捕手】福岡ソフトバンクホークス・高谷裕亮選手/1981年11月13日生(39歳)

 熟達した配球で投手陣をリードする高谷裕亮選手。チームには正捕手・甲斐拓也選手がいるため出場機会は限られているものの、後半戦に入り5試合でスタメンマスクをかぶり、そのうち4試合でチームを勝利に導くなど、技術面・精神面の両方でその貢献度は高い。

動画盛りだくさんの完全版を「パ・リーグ.com」で今すぐチェック!

【(C)パーソル パ・リーグTV】

「パ・リーグ.com」では、「パーソル パ・リーグTV」の特集動画や惜しくも選外となった選手たちをまとめた完全版を公開している。下記リンクから要チェック!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント