【リーグ第11節アンデルレヒト戦】キャプテンの劇的弾で、土壇場に追いつき勝点1を獲得。

シント=トロイデンVV
チーム・協会

【©︎STVV】

リーグ第11節。アンデルレヒトとのホームゲームに臨んだSTVVは、直近のオーステンデ戦からスタメンを3人変更。林選手と出場停止明けのラヴァレー選手が2試合ぶり、ブルース選手が5試合ぶりに先発に戻った。ホラーバッハ監督が累積で出場停止となりスタンドから見守った一戦は、アシスタントのシュミットコーチが指揮を執った。

立ち上がりはSTVVのペースで始まる。1分、林選手の横パスからブルース選手が強烈なミドルシュート。5分、クロスのこぼれ球を繋ぎ直し、カカーチェ選手が右足でシュート。15分、ビルドアップのミスからショートカウンターを受けるも、シュミット選手が防ぐ。20分以降に、両チームに決定機が訪れる。まずはSTVV、ブルース選手のパスをフリーで受けた林選手がコントロールショットも、惜しくも枠外。21分に、サイドをラファエロフ選手に突破され、ザークツィー選手がフリーで合わせるも、ポストがクロスバーに助けられる。24分に、相手のミスを突いた林選手が抜け出し、GKと一対一を迎えるも、相手GKが足でブロック。26分、クロスのこぼれ球をラファエロフ選手がシュートもシュミット選手が好セーブ。36分、ブルース選手のグラウンダークロスにフリーで合わせたのはバウアー選手。コースを狙ったシュートは惜しくも枠を捉えられず。38分、相手CKからフーデット選手が合わせるも、シュミット選手が難なくセーブ。43分にもブルース選手のアーリークロスに原選手が強烈なヘディングシュート。STVVは、前半だけで10本以上のシュートを放つも、相手守備陣の踏ん張りもあり、得点が生まれないまま前半が終了。

【©︎STVV】

迎えた後半早々、クアメ選手をペナルティエリア内で倒してしまい、VARが介入しPKを献上。PKをラファエロフ選手に決められて、一点ビハインドに。同点を目指し積極的にゴールへ迫るSTVVは53分、林選手がエリア内で体を張りキープも、シュートは打ちきれず。続く56分、同点に追いつく。相手DFのクリアをコナテ選手がエリア外からダイレクトボレー。ボールはネットに突き刺さり、コナテ選手の今季2点目で試合は振り出しに。勢いのまま逆転弾を目指すSTVVは、61分、林選手が角度のない所から狙う。71分、テシェイラ選手がCKからヘディングで合わせるも、クロスバーに弾かれた。

【©︎STVV】

76分にコイタ選手を投入し、逆転を目指しますが、78分に再びVAR判定でPKを与えてしまい、アンデルレヒトに逆転を許してしまう。STVVは、83分に橋岡選手と伊藤選手をW投入し、ゴールを目指す。86分、コイタ選手がミドルシュート。90+1分、伊藤選手のクロスに原選手がダイビングヘッド。最後まで諦めないSTVVは、ロスタイム4分にブルース選手のFKをキャプテンのライストナー選手が胸トラップから決めて劇的な同点弾。試合を支配していただけに、勝ち切りたい試合だったが、最後の最後に追いつき貴重な勝点1を獲得。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

シント=トロイデンVV

サッカーベルギー1部リーグ「STVV(シント=トロイデンVV)」の日本公式ページです。シュミット・ダニエル選手と伊藤達哉選手と松原后選手と橋岡大樹選手と林大地選手と原大智選手と香川真司選手が所属しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント