IDでもっと便利に新規取得

ログイン

@BorussiaDortmund

復帰のホーランドが2得点!マインツを破り暫定首位に浮上

ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第8節でマインツを3-1で下し暫定首位に立った。序盤にロイスが先制点を挙げると、後半にはホーランドがPKで追加点。終盤に1点を返されたが、後半アディショナルタイムに再びホーランドが決めて突き放した。

マルコ・ローゼ監督は前節からスタメンを3人入れ替え、怪我から復帰したエムレ・ジャン、ホーランド、そしてシュルツが先発に入った。試合はキックオフから3分が経過しないうちに動く。右サイドからのムニエのクロスを相手選手がブロックしたボールがゴール前中央のロイスの前にこぼれ、絶好のチャンスを見逃さなかったキャプテンが豪快なボレーシュートを叩き込んで先制ゴール。BVBが最高のスタートを切った。

その後も試合を支配するBVBは22分に前線のホーランドがボールをキープし、後方から走り込んだムニエがグラウンダーのシュートを放ったが惜しくもゴール左に外れた。ハーフタイム直前にはゴール近くへ走り込んだホーランドがシュートを放ち、こぼれたボールをベリンガムが押し込もうとしたがゴールラインまであと数センチのところで相手選手にクリアされた。

それでも53分、VARにより相手選手のハンドが確認されてBVBがPKを獲得。これをホーランドが思い切りよく蹴り込み、リードを2点に広げた。66分にもコーナーキックに頭で合わせたフンメルスのシュートがポストを叩くなど終始試合を優位に進めたBVBだったが、87分にコベルからのパスを低い位置でカットされると、最後はブルカルトに決められて1点差に迫られてしまう。

その不穏な雰囲気を一掃したのは、ホーランドだった。アディショナルタイムに前掛かりになる相手からベリンガムがボールを奪取し、パスを受けた背番号9は冷静に相手ゴールキーパーとの1対1を制して今日2点目のゴール。3-1で勝利を収めたチームは勝ち点を18に伸ばし、明日直接対決を控えるバイエルンとレヴァークーゼンを抜いて暫定首位に立った。

ブンデスリーガ第8節

ボルシア・ドルトムント 3-1 (前半1-0) マインツ

ボルシア・ドルトムント:コベル、ムニエ、アカンジ、フンメルス (ポングラチッチ 66)、シュルツ、ジャン (ヴィツェル 85)、ベリンガム、ブラント (ヴォルフ 78)、ロイス (ヘイニエル 85)、マレン (アザール 66)、ホーランド
サブ:ヒッツ、パスラック、クナウフ

マインツ:ツェントナー、タウアー、ベル (ハック 69)、ニアカテ、ヴィドマー、バレイロ (李 69)、シュタッハ (パペラ 83)、ルコキ (マルティン 46)、ボエチウス、イングバルトセン (ブルカルト 69)、オニシウォ

得点:1-0 ロイス (3, ムニエ)、2-0 ホーランド (54, PK)、2-1 ブルカルト (87, 李)、3-1 ホーランド (90+4, ベリンガム)

関連リンク

クラブ名
ボルシア・ドルトムント
クラブ説明文

ボルシア・ドルトムント(通称:BVB)は、1909年12月19日に誕生し110年以上の歴史を持つドイツのサッカークラブです。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントに本拠地を置き、ドイツリーグ1部(サッカー・ブンデスリーガ)に所属しています。ドイツリーグ8回、DFBポカール(カップ戦)3回、DFLスーパーカップ4回、UEFAチャンピオンズリーグ1回、UEFAカップウィナーズカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回というタイトルを保持するドイツ屈指の名門チームです。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント