東京ドームで予約なしのワクチン接種、東京都が実施

読売ジャイアンツ
チーム・協会

【©YOMIURI GIANTS】

 東京都の5区(文京区、新宿区、港区、板橋区、中野区)が東京ドームで実施している新型コロナウイルス感染症ワクチンの合同接種事業で、10月18日からは、東京都が実施する2階コンコースの三塁側で予約枠の余裕分を活用し、予約なしでも当日ご来場いただければ接種を受けられることとなりました。予約なしのワクチン接種は東京都が運営し、米モデルナ製ワクチンを使用します。

 予約なしのワクチン接種の対象は12歳以上の都内在住の方、または、他県にお住まいで都内に在勤・在学の方(12〜15歳の方は保護者同伴)です。10月18日(月)〜21日(木)の4日間、午前9時〜午後1時30分に接種券を持参すれば、接種を受けられます。2回目の接種は、4週間後の11月15日(月)〜18日(木)です。

 東京ドームでのワクチン接種事業は8月16日(月)から文京、新宿、港の3区が始め、10月4日(月)に板橋区、同12日(火)に中野区がそれぞれ加わりました。5区在住の方向けの会場は引き続き、2階コンコースの一塁側で米ファイザー製ワクチンを使用します。5区在住の方向けの予約は、各区の予約サイトで受け付け中です。

 合同接種事業は、読売巨人軍と読売新聞社、東京ドーム、三井不動産の4社が、ワクチン接種会場として東京ドームを無償提供し、会場の運営についても全面的に協力しています。

 接種会場では、ジャイアンツのマスコット「ジャビット」、公式マスコットガール「ヴィーナス」らが来場者をお迎えし、オーロラビジョンではジャイアンツ戦の名場面集を上映します。1回目の接種時は、プレゼントとして、スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」2か月無料視聴カードとジャイアンツオリジナル不織布マスク(2枚組)を全員分、キリンビバレッジの飲料を先着3万人分、用意しています。2回目の接種時は、ジャイアンツのスポンサー企業などが提供するプレゼント抽選会を実施しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

読売ジャイアンツ

ジャイアンツに関する選手やイベント情報に加え、球団や選手が取り組む活動についてもお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント