【BOATRACE】鎌倉涼が下関Vで女子賞金ランキング14位に前進 下関ヴィーナスシリーズ

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 下関ヴィーナスシリーズ(10月9日〜14日開催)が終了した。優勝戦は1号艇の鎌倉涼(大阪)【写真3枚】が快勝。インからコンマ06のトップスタートで抜け出し、1マークを悠々と先マイして逃げ切った。2着には3号艇の藤崎小百合(福岡)、3着には4号艇の西村美智子(香川)の95期勢が入線。3連単1-3-4で2100円の7番人気決着となっている。

【(C)BOATRACE】

 勝った鎌倉は1月の徳山オールレディース、2月の浜名湖男女ダブル戦、同月の唐津ヴィーナスシリーズ、8月の宮島オールレディースに続く今年5回目の優勝。通算では19回目の優勝で、下関初Vとなっている。ナイターでの優勝は2015年10月の桐生男女ダブル戦以来で約6年ぶりだった。

【(C)BOATRACE】

 鎌倉はこの優勝で賞金98万円の大きな上積みに成功。今年の女子賞金ランキングは前日15位から14位に上がった。クイーンズクライマックス出場ボーダーまでの差も約75万円に接近。6年ぶり4回目のクイーンズクライマックス出場に向けて勝負駆けが続いていく。

【(C)BOATRACE】

 西村は優勝戦3着に入って賞金56万円を獲得。女子賞金ランキングは前日12位から9位まで上昇した。西村は近況7節優出なしと夏場にややリズムを崩していたが、今節は随所にキレ味鋭い走りを見せて8節ぶりの優出をマーク。秋戦線での巻き返しに期待が高まる内容だった。現状クイーンズクライマックス出場ボーダー前後は8〜13位の6人が100万円差以内にひしめいている状況。西村がこの大混戦を勝ち抜いてクイーンズクライマックス初出場を果たすのか注目したい。

【2021年女子賞金ランキング】(10月14日現在)
1位 遠藤 エミ 43,295,000円
2位 平高 奈菜 37,224,000円
3位 小野 生奈 34,394,266円
4位 渡邉 優美 30,723,266円 (下関優勝戦4着)
5位 守屋 美穂 30,109,000円
6位 田口 節子 29,807,000円
7位 平山 智加 26,609,000円
8位 寺田 千恵 25,084,000円
9位 西村美智子 25,025,000円 (下関優勝戦3着)
10位 三浦 永理 24,865,000円
11位 浜田亜理沙 24,680,595円
12位 細川 裕子 24,545,000円
―――クイーンズクライマックス出場ボーダー―――
13位 海野ゆかり 24,087,000円
14位 鎌倉  涼 23,794,000円 (下関優勝戦1着)
15位 大山 千広 23,382,000円
16位 宇野 弥生 22,709,000円
17位 松本 晶恵 22,661,000円
18位 中川 りな 22,531,999円
19位 中村 桃佳 22,219,000円
20位 竹井 奈美 22,168,000円

24位 西橋 奈未 20,247,300円 (下関優勝戦5着)
38位 藤崎小百合 16,256,000円 (下関優勝戦2着)
227位 魚谷 香織 1,332,000円 (下関優勝戦6着)

注目の下関ヴィーナスシリーズのレース模様は女子レーサーの情報をまるっと集約したレディースインフォメーションにて配信中。
熱いレースだけでなく、女子レーサーや女子戦のイロハも紹介しており、初心者の皆様にも親しみやすいサイトとなっている。
詳細はページ下の関連リンクレディースインフォメーションよりご確認いただきたい。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント