<国内男子ゴルフ>新・飛ばし屋に名乗り。亀代順哉が「日本アマ」「日本オープン」偉業へ好発進

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
チーム・協会

【亀ちゃんが偉業へGO!!©JGTOimages】

「第86回 日本オープンゴルフ選手権競技」 10月14日ー17日 ※有観客試合
琵琶湖カントリー倶楽部(滋賀県)6986Yards / Par71 ▼14日・大会初日

アマチュア選手を統括するJGA主催の今大会では、知る人ぞ知る、ツウな組み合わせが見られる。

プロ5年目の亀代順哉(かめしろ・じゅんや)が予選で一緒になったのが、3学年上の小袋秀人(こぶくろ・ひでと)だ。

小袋が、日本大学2年時の「日本アマ」(2012年)を制し、亀代は大阪学院大4年時の16年を制した。

歴代のアマ王者同士。
「今日は、そういう雰囲気も感じながら回れて。JGAの試合って、そういうのがあるから好き」と、小袋の前半「31」に引っ張られて、後半は15番から上がり怒濤の4連続バーディ締め。

「66」の5アンダーで上がった。

前半3番では右に曲がった2打目が木の根っこで止まるトラブルに加えて3パット。ダブルボギーを打ったが「まだまだホールは残っている」と、腐らずに巻き返してきた。

16年に期待を集めてプロ入りするも、同年のQTで結果を残せず、アジアンツアーを回るなど遠回りが続いていたが、コロナ禍で行われた昨年12月の特別QTで3位に。

ようやく出番を増やした今季、中盤からようやく安定して決勝ラウンドに残り、徐々に自信をつけてきた。

チャームポイントは、直径70センチの太もも。
どっしりとした下半身をフルに生かして2週前の「バンテリン東海クラシック」3日目のプレー後に行われたドライビングコンテストでは331ヤードを記録。

9人参加の2番手から”暫定首位席”に座り続けて、最後に登場したチャン・キムの333ヤードに次ぐ2位に。

「もともとキムさんに勝とうと思ってなかったですけど、2ヤードまで迫まれたことは凄く自信になりました」。
豪打と共に、「亀ちゃん」の愛称で先輩にも可愛がられるお茶目なキャラを大いに売った。

「今週のコースでもけっこうドライバーが振れてるし、 刻むホールも チャンスが作りやすい」と、日本一がかかる大一番で初日の好発進に成功。
「緊張感や、プレッシャーのかかる場面を増やして最終的に勝ちきりたい」。

「日本アマ」と「日本オープン」の2冠達成者は昨年まで85回の歴史のなかでも赤星六郎氏と中嶋常幸と金庚泰(キム・キョンテ)の3人しかまだいない。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント