IDでもっと便利に新規取得

ログイン

B.LEAGUE

【A東京vs信州】対照的な成績で顔を合わせるA東京と信州…カギはやはりディフェンス

B.LEAGUE

■アルバルク東京 vs 信州ブレイブウォリアーズ(@アリーナ立川立飛)

第1戦:10月16日15時5分 第2戦:10月17日15時5分

 第2節を終えて、ともに2勝2敗と五分の成績同士の対戦、アルバルク東京と信州ブレイブウォリアーズの一戦がA東京のホーム、アリーナ立川立飛で行われる。

 前節、A東京は富山グラウジーズを招き、ホーム開幕戦を行った。リーグトップの攻撃力を誇る富山に対して、GAME1では第4クォーターを29-14と持ち前のディフェンス力を発揮して今季初勝利を挙げる。さらに第2戦では、3ポイントシュートが絶好調。実に71.4パーセントの高確率で決めまくり、114-81と快勝して2連勝を飾った。A東京の114得点はクラブ最高得点タイ記録であり、昨季3月3日の富山戦以来のハイスコアをマークした。

 信州は開幕節でその富山に連勝を果たした。しかもGAME2ではリーグの最少記録となる41失点と、こちらもオフェンス自慢の富山を抑え込み、順調なスタートを切ったかに見えた。というのも、信州が前節、ホームで横浜ビー・コルセアーズに連敗を食らう。信州はジョシュ・ホーキンソンと岡田侑大の得点でペースをつかもうとするものの、5選手に2ケタ得点を許して初戦を落とす。さらに接戦となったGAME2では4点差で敗れ、通算成績を2勝2敗とした。

 2連勝のA東京、2連敗の信州と対照的な両チームだが、A東京のルカ・パヴィチェヴィッチHCは「富山のディフェンスには要注意」とコメント。昨季の対戦成績はA東京の2勝0敗だが、やはりこの対戦は互いの武器であるディフェンスがどう機能するかが勝敗のカギを握りそうだ。信州にとって気になるのはGAME1で負傷して、GAME2にはベンチから外れたウェイン・マーシャルの状況。フルメンバーでA東京に立ち向かいたい。

■ロスター

・A東京(HC:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
ジョーダン・テイラー
吉井裕鷹
安藤周人
ザック・バランスキー
セバスチャン・サイズ
菊地祥平
平岩玄
ライアン・ロシター
田中大貴
笹倉怜寿
アレックス・カーク
小酒部泰暉

・信州(HC:勝久マイケル)
ヤンジェミン
井上裕介
西山達哉
熊谷航
栗原ルイス
前田怜緒
大崎裕太
ジョシュ・ホーキンソン
三ツ井利也
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー
岡田侑大

関連リンク

クラブ名
B.LEAGUE
クラブ説明文

国内男子プロバスケットボールリーグのB.LEAGUE情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント