IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©PGA

第60回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 最終日がスタート

日本プロゴルフ協会(PGA)

第60回日本プロゴルフシニア選手権住友商事・サミットカップ 最終ラウンド

 
 第60回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(賞金総額5000万円・優勝賞金1000万円)は、いよいよ最終日。塚田好宣が通算16アンダーで首位を走り、3打差で立山光広、さらに1打差で比嘉勉が追う展開。この3人が最終組で回り、午前11時25分でスタートする。

 2位の立山は「レギュラーツアーの時よりもすごく練習している」というだけに、好調だ。レギュラーツアーでは優勝はないものの、優勝争いは何度もあり「勉強しています。何回も。2位ばっかり」と経験はある。「追いかける立場なので先にボギーを打っちゃいけない。前半そーっとやって後半で」勝負を賭けて、逆転優勝を狙う。

 塚田が逃げ切るか、立山が逆転するか、果たして誰がシニアプロ日本一に輝くのか?

 優勝争いの模様は、BS朝日(午後2時から4時 *延長あり)で!

関連リンク

クラブ名
日本プロゴルフ協会(PGA)
クラブ説明文

PGAはゴルフの正しい普及と発展を願い、誰にでも愛される「国民のスポーツ」「生涯スポーツ」となるため、日本ゴルフ界のリーダーとして活動しています。PGAの使命は、トーナメントプレーヤーの育成、ゴルフ大会の開催・運営に加え、ゴルフの正しい普及と発展を具現化するために、ティーチングプロ資格を付与したゴルフ指導者を育成しています。さらにPGAでは幅広い分野で積極的な取り組みを行い、地域に密着した社会貢献活動、ジュニアゴルファーの育成など多方面にわたる取り組みを日々歩み続けています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント