IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

生き方を学ぶ歴女 西橋奈未

BOATRACE

満30歳未満(9月1日時点)の勝率上位者たちによって争われるヤングダービーは、プレシリーズとしてイースタンヤング&ウエスタンヤングが設けられており、東西の覇者と前年度優勝者に優先出場権が与えられている。ここ数年は参戦メンバーの15%ほどが女子レーサー。今回も8名が参戦する。
その女子最年少が西橋奈未(福井支部25歳)【写真】である。

2016年11月のデビュー以降、順調に成績を伸ばし、2020年後期に初めてA2に昇格。1年後の今期(2021年後期)は勝率6.61で初A1となっている。
「デビューした当時は先輩方との差があまりに大きく、どうやったら追いつけるか不安でいっぱいでした」と語るが、「ゴールまで絶対にあきらめない」精神を通すことで記念戦線に名を連ねるようになっている。今回の徳山・ヤングダービーは4回目のG1である。

(C)BOATRACE

ただ…、
きのう9月14日、大きなフライングを切ってしまった。
男女混合戦のびわこ2Rである。
1号艇だった西橋奈未は前付け艇を制しインを死守したが、コンマ09のスリットオーバー。
「非常識なフライング」で即日帰郷となった。
この「非常識なフライング」とは、コンマ05以上のフライングを指し、その日のレース終了時点で帰郷処分となる。

ちなみに、西橋奈未は10月29日から30日間のF休みとなるため、11月23日からの多摩川レディースチャレンジカップ(G2)は選出除外となってしまった。本人のみならずファンのショックは大きい。

ただ…、である。(ただ…の連続ですみません)
西橋奈未は、そのショックを跳ね返した。
「ゴールまで絶対にあきらめない」精神の発露である。

非常識なフライング直後のびわこ7R、5コースからコンマ16の最後尾スタートながらまくり差し、バック5番手につけると、2マークもまくり差しを敢行。3番手に躍り出た。
続く2周1マークも先行艇の間を割り差し、先頭ゴールを果たしている。こんなレーサーがいただろうか。
正真正銘「ゴールまで絶対にあきらめない」プロフェッショナルだ。

その「生き方」の背景には、高校時代に取り組んだ弓道があり、歴史上の人物に学ぶ姿勢がある。
西橋奈未は「歴女」なのだ。
困難な時代のなかにあって状況に負けず、結果を怖がらず、信念を通した人物に憧れてきた。
つまり、そんな歴史上の人物の精神性を身に刻んでいるのである。

徳山ヤングダービーに臨む西橋奈未に弱みはない。
むしろ、逆境に立ち向かっていくだけだ。
9月21日、西橋奈未の歴史物語の幕があく。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント