IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊予銀行戦で2点目のタイムリー追加点を放った水戸久瑠実選手

戸田中央総合病院メディックス 後半戦初勝利ならず

戸田中央総合病院メディックス

後半戦、初勝利は10月以降に持ち越し!

【9月11日(土)VS Honda ●0-1】
【9月12日(日)VS 伊予銀行 ●2-3×】

日本女子ソフトボールリーグ1部 第6節 石川大会2戦が金沢市民球場スタジアムにて行われ、戸田中央総合病院メディックスの後半戦初勝利はならなかった。

今シーズン初登板の湯川いずみ投手 今シーズン初登板の湯川いずみ投手 ©2021 Toda Medics

【9月11日(土)VS Honda ●0-1】
Honda戦では湯川いずみ投手が今シーズン初登板。Honda先発とともに好投し中盤まで試合は緊迫した投手戦となる。試合が動いたのは4回裏、Honda一死から三塁打、続くセンターフライで1点を許す。直後の5回表、二死走者なしから6番・田中江理奈選手が絶妙なセーフティバントを決め出塁。続く7番・水戸久瑠実選手もセンター前ヒットを放ち反撃をみせるもHondaの固い守りに阻まれ無得点に終わる。戸田メディックスは最終回にも一打同点、長打が出れば逆転のチャンスを掴むも、最後の打者がセンターフライに打ち取られ試合終了。1点に泣いた。

伊予銀行戦でタイムリーを放った堤加菜子選手 伊予銀行戦でタイムリーを放った堤加菜子選手 ©2021 Toda Medics

伊予銀行戦で7回まで無失点ピッチングのジョーダン・テーラー投手 伊予銀行戦で7回まで無失点ピッチングのジョーダン・テーラー投手 ©2021 Toda Medics

【9月12日(日)VS 伊予銀行 ●2-3×】
伊予銀行戦では3回表、二死一・二塁で5番・堤加菜子選手のセンター前タイムリーで先制、7回表にも6番・田中江理奈選手のバントヒット、7番・水戸久瑠実選手のタイムリーで追加点を挙げ2点差とリードを広げる。一方、先発のジョーダン・テーラー投手、毎回走者は出すものの緩急自在のピッチングで無得点に抑え終盤へ。2点差のまま逃げ切れると思われた7回裏、2つのヒットと四球でツーアウトながら満塁とピンチを迎え、続くバッターの打球が1塁後方に落ちる打球をセカンド・田中江理奈選手が回り込んで追いつき、一塁送球。これが「アウト」であれば試合終了で勝利となったが、タイミングが微妙で審判の判定がないままインプレーとなり、3人の走者が一斉生還。判定に対して抗議するも、3点が認められそのままサヨナラ負けとなり、後味が悪い結果となった。

今節連敗を喫した戸田メディックス。通算成績7勝6敗となり、現時点で7位。上位争いから一歩後退してしまったが10月からの残り4節、しっかり気持ちを切り替え、初勝利を期待したい。

関連リンク

クラブ名
戸田中央総合病院メディックス
クラブ説明文

1976年に実業団女子ソフトボール部として発足。1999年に日本女子1部リーグに昇格。2020年シーズンはコロナ禍で試合数が半分になる中、12チーム中10位(3勝8敗)。戸田中央医科グループの理念『愛し愛される』とチームスローガン『心ひとつに力ひとつに~すべてを捧げて 想いを形に~』を2つの柱に決勝トーナメント進出を目指します!

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント