IDでもっと便利に新規取得

ログイン

殊勲打の石野江里佳選手

ハプニング乗り越え、トヨタレッドテリアーズ後半3連勝!!

トヨタ自動車 レッドテリアーズ

 激震が走る。2回表デンソーブライトペガサス先頭打者吉松梨乃選手が放った打球はトヨタレッドテリアーズ先発モニカ・アボット投手の手に直撃した。

 この日、後半戦初先発とし、上々の立ち上がりを見せたモニカ・アボット投手へ予期せぬハプニングが襲い、急遽降板となった。
 
 この窮地にマウンドに上がったのは後藤希友だ。

 突然のピンチを招いたレッドテリアーズであったが、後藤希友は、間を空ける事なくすぐさまマウンドへ上がり、終わってみれば5回2/3を無失点で抑える好救援を見せ1対0で勝利した。
「臨時の際の備えはチームとしていつもしている。今日も中西あかね監督から準備しとくよう伝えられていました。」と後藤は言う。窮地をピンチにしなかったのにはベンチワークの備えもあったのだ。

 試合は両投手好投によりゼロ行進が続き、スコアレスで迎えた5回裏、レッドテリアーズの攻撃、先頭山崎早紀がレフトオーバーのツーベースを放ちチャンスを掴むと、この日久々のスタメンとなった石野江里佳がプッシュ気味バントを絶妙な位置に転がし、それがセカンドの横をすり抜ける決勝タイムリーとなった。

 リーグ前のOP戦でバントミスを犯していた石野。その後、自主練習の時間をバントにとことん費やした。この場面も「初球で相手の動きを見て、バント警戒を強く感じた。自分のバント技術と状況を踏まえて間に転がそうと思いました。」と過去のミスからチームの勝利へと繋げる見事な判断プレーとした。

 スタメン起用のチャンスを最高の形で活かした石野江里佳だが、試合後のヒロインインタビューでは、「チームの勝利が嬉しい」と自身の活躍よりチームの勝ち星を喜んだ。

 突然のピンチに対するチー厶としての構え、スタメン起用に応える選手、若テリアーズは試合を重ねる毎に成長していく。有終の美を飾るにはまだまだ道は険しいが、無限大の可能性を秘めた彼女達の『頂』への挑戦は、多難を乗り越え近づいていく。

好救援の後藤希友投手 好救援の後藤希友投手 トヨタレッドテリアーズ

中西あかね監督(右から二番目)と石野江里佳選手(右から三番目) 中西あかね監督(右から二番目)と石野江里佳選手(右から三番目) トヨタレッドテリアーズ

立ち上がれっどてりあーずのポーズをとるトヨタレッドテリアーズ 立ち上がれっどてりあーずのポーズをとるトヨタレッドテリアーズ トヨタレッドテリアーズ

関連リンク

クラブ名
トヨタ自動車 レッドテリアーズ
クラブ説明文

トヨタ自動車女子ソフトボール部レッドテリアーズの創立は、1948年。 女子ソフトボールリーグに第1回から参戦する最古参のチームで、優勝を多数経験しており、 2010年~2012年には三連覇を果たしている。 チームのセカンドネーム『レッドテリアーズ』は、チームカラーの『レッド』とチームキャラクターの『ヨークシャ・テリア(キャラクター名:ルーキー)』を合わせたもの。ヨークシャ・テリアという犬種は、「小柄ながらエネルギッシュで探求心が強い」「攻撃的な側面を持ちながら知的でもある」という特徴があり、その気質はチームの志としています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント