IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社/タイコウクニヨシ

【新日本プロレス】IWGPタッグ王者タイチ選手&ザック選手に直撃インタビュー!

新日本プロレスリング株式会社

7.29東京ドームのダイレクトリマッチでIWGPタッグ王座を奪還したタイチ&ザック・セイバーJr.、9月5日(日)埼玉・メットライフドームでは、内藤哲也&SANADA組、後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組との3WAYマッチに挑むデンジャラステッカーズに、直撃インタビュー!(前編)

撮影/タイコウクニヨシ

■「カードファイト!! ヴァンガード overDress プレゼンツ WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome」
・9月4日(土) 15:00開場 17:00試合開始
 埼玉・メットライフドーム
・9月5日(日) 13:00開場 15:00試合開始
 埼玉・メットライフドーム

ザック「タッグチャンピオンになるのは3度目だけど、実際はすべてをリセットして初めて王座を手に入れたような新鮮な気分だな」

新日本プロレスリング株式会社/タイコウクニヨシ

――さて、お二人は7.11真駒内で内藤哲也&SANADA組に敗れ、IWGPタッグ王座から陥落しましたが、7.25東京ドームでのダイレクトリマッチで見事勝利を収め、わずか2週間で奪還に成功しました。いまの率直なお気持ちは?

タイチ それは当然のことだろ? 札幌は内藤の煽りに乗ってしまった俺らのちょっとしたミスで、ザックもムキになっちまったけど、そのあたりを改善さえすれば何も問題なかった。だから、東京ドームの結果もサプライズでも何でもないし。

――ザック選手はいかがですか?

ザック これで俺たちがタッグチャンピオンになるのは3度目だけど、実際はすべてをリセットして初めて王座を手に入れたような新鮮な気分だな。俺たちが元々いるべき場所に戻ってきたようだ。

新日本プロレスリング株式会社

――お二人は、今年の1.4東京ドームでG.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)にベルトを奪われるも、今年の6.1後楽園で奪還。今回で三度目の戴冠となりました。7.25東京ドームのダイレクトリマッチは37分58秒という長期戦となりましたね。
 
タイチ まあ、札幌も同じくらいだったし(36分57秒)、それだけのメンバーが揃ってるから、“それだけの時間”がかかるってことかもな。ドームは試合してて、「下手したら60分、いくんじゃねえか……?」って思うくらいだったし。でも、それだと俺らの負けなんだよ。

――たしかに結果は引き分けでも、王者の防衛となってしまいます。ザック選手は内藤&SANADA組の徹底したヒザ攻めで苦しい試合だったと思いますが?

ザック たしかにハードな戦いだった。まず言いたいのが、俺たちとナイトー&SANADAのチームとしての相性は、否定できないほど“いいもの”だと思う。だからこそ、2回のタイトルマッチの試合時間もあんなに長くなったんじゃないか。

――相性のよさが大接戦となった理由だと。

ザック 今回のドームの試合は、俺の才能が試されるような大きな経験になったと思うよ。俺は痛むヒザだけではなく、自分のプライドも懸けて戦ったんだ。なぜなら、ナイトーに2回連続で負けていたから、アイツをサブミッションで倒してやりたかったからだ。けど結局のところ、確実な勝利を得ることの方が重要だと知っていたからクラッチにいったんだ。

――自分の得意な関節技でギブアップするのだけは避けたかったわけですね。

ザック ああ、それにサッポロで負けたのも俺だしな(内藤のデスティーノにフォール負け)。俺たちは今年の1.4東京ドームでG.o.Dにベルトを獲られ、半年がかりで取り戻した。それなのに、すぐにナイトーたちに奪われたのは本当につらかった。しかもサッポロはタイチの故郷だし……。

――パートナーに対する罪悪感みたいなものがあったと。タイチ選手にとっても地元・北海道で王座を落とすというのは少なからずショックでしたか?

タイチ ザックの言った通りG.o.Dからやっとの思いで取り返して、これから俺らの再スタートだっていう1発目だったから、精神的にはかなり応えたな。俺たちタッグとして負けたのに、責任意識みたいなものをザックに背負わせたのは申しわけなかったなって思ってるよ。だからこそすぐにリマッチを要求した。終わった事に落ち込んでるよりすぐに次を見ないといけないしな。

ザック 俺としてはドームではタイチに証明したかったんだ。「俺たちは、そして俺はチャンピオンとなるに値するレスラーだ」ということを。だから、こうして二人でベルトを取り戻したのは本当にうれしいよ。タッグレスリングというのは、「誰かとチームを組む」ということだし、何より自分のチームのために勝つという思いが重要なんだ。

ザック「俺とSANADAにはある種の“シンパシー”があると感じてる」「パラレルワールドでは、俺たちは同じチームにいて良きチームメイトとして一緒に闘っているだろうね」

新日本プロレスリング株式会社/タイコウクニヨシ

――東京ドーム決戦直前の7.22&23大阪二連戦では、最終前哨戦として連日、両チームによるシングル二番勝負が組まれました。

タイチ それが終わった時点でザックのヒザが凄く調子が悪いっていうのはわかってたから、「東京ドーム、大丈夫かな?」っていう心配はあったな。でも、キャンセルするわけにはいかないし、正直、ザックには負担をかけちまった。



関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント