IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

岩見雅紀が先制ホームランも......楽天が逆転負けを喫する【8/5 ファーム試合結果】

パ・リーグインサイト

 8月5日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦第16回戦は、2対9で楽天が敗れた。

 楽天の先発は塩見貴洋投手。初回から走者を許しながらも3回まで無失点に抑える投球を見せる。すると打線は3回裏、先頭の7番・岩見雅紀選手にライトへの4号ソロが飛び出し、巨人の先発・戸根千明投手から先制点を奪う。

 しかし直後の4回表、塩見投手はウレーニャ選手に8号ソロを浴びて同点とされてしまう。追い付かれた楽天は4回裏、先頭の2番・田中和基選手が安打で出塁すると、1死から4番・内田靖人選手の三塁線を破る適時二塁打が生まれて、すぐさま勝ち越しに成功した。

 再びリードを奪った楽天だったが5回表、無死2塁から塩見投手が陽岱鋼選手にライトへの逆転2ランを被弾。それでも安打と味方の失策で1死1、2塁とされた場面は、後を受けた2番手・石田駿投手が無失点で切り抜けて、流れを食い止めた。

 6回表からは鈴木翔天投手が登板するも、先頭打者への四球などから1死満塁のピンチを背負うと、立岡宗一郎選手に2点適時打を浴びて失点を喫する。さらに1死1、2塁からマウンドに上がった3番手・則本佳樹投手も適時打で1点を失い、リードを4点に広げられた。

 終盤に差し掛かってからは、7回表を弓削隼人投手、8回表を森雄大投手がそれぞれ1イニングを無失点で抑え込む。しかし9回表は佐藤智輝投手が廣岡大志選手に6号3ランを被弾。7点差となって迎えた9回裏は、先頭の田中和選手が安打で出塁するも後続が続かず。9対2で試合終了。

 敗れた楽天は序盤にリードを奪うも、中盤に塩見投手が逆転を許すと、後を受けた救援陣も巨人打線の勢いを止めることができず。打線も5回からは無得点と振るわなかった。

  123456789 計
巨 000123003 9
楽 001100000 2

巨 ○戸根千明-平内龍太-谷岡竜平
楽 ●塩見貴洋-石田駿-鈴木翔天-則本佳樹-弓削隼人-森雄大-佐藤智輝

文・和田信

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント