IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】通算1500勝の森高一真が優出へ 「インの鬼」西島義則が再び奇策? G2尼崎MB大賞

BOATRACE

 「G2尼崎モーターボート大賞 インプールをぶち破れ!まくってちょ〜うだい!!」は30日、兵庫県・尼崎市のボートレース尼崎で4日目が行われた。予選ラストは逃げ決着が9本もあった。酷暑の中でも、1コースの踏ん張るレースが多かった。特に、後半9Rからは全てイン選手が1着と、実力者が結果を残した。

 5日目は10〜12Rで準優勝戦が行われる。まず、10Rの枠番とメンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 10R 準優勝戦>
1枠 上野真之介(佐賀支部)
2枠 森高 一真(香川支部)
3枠 上村 純一(群馬支部)
4枠 堀本 和也(徳島支部)
5枠 松山 将吾(滋賀支部)
6枠 尾嶋 一広(兵庫支部)

 森高一真【冒頭の写真・水神祭】がメモリアル勝利を決めた。4日目10Rはインから先マイを果たし、川上剛の2コース差し、深川真二の2M差し返しを封じて通算1500勝を飾った。1999年11月にデビューして通算5944走目(選手責任外の事故を含むと5978走目)で、区切りの勝利。12R発売中に、85期銀河系軍団の井口佳典や山本隆幸、さらに深川真二らから水神祭の祝福を受けた。この1着で得点率を7.33(6走44点)に上げて、見事に予選を突破した。

 準優10Rは、シリーズ3勝の上野真之介が1枠に構える。好調男の壁は厚いが、勢いを増した森高の立ち回りも見逃せない。

 準優11Rの枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 11R 準優勝戦>
1枠 葛原 大陽(徳島支部)
2枠 白石  健(兵庫支部)
3枠 吉田 俊彦(兵庫支部)
4枠 西島 義則(広島支部)
5枠 村岡 賢人(岡山支部)
6枠 羽野 直也(福岡支部)

(C)BOATRACE

 レースの鍵を握るのは西島義則【写真すぐ上】だ。フライング持ちは関係なし。「インの鬼」が、今節もコース取りから活発な動きを見せてきた。4日目1Rは、レースでも魅了した。4枠から2コースを取ったものの、あえて深い進入は避けた。イン河野真也が100メートル起こしに対して、西島はオレンジブイあたりの起こし。軽快なダッシュ乗りから、強気に2コースまくりを敢行。白石健や石渡鉄兵の差しが入ったが、2Mも強気に外を握って1着。「まくり賞」をゲットした。回り足の仕上がりは上々で、レースの攻めに幅を感じさせた。

 準優11Rも迷わず内へ動く。1枠・葛原大陽は力強い出足と行き足が魅力だが、G2初優出へ進入から相当なプレッシャーを受ける。テクニシャンの西島が、どんな攻めを打ってくるか。まさに見ものだ。

 準優12Rの枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 5日目 12R 準優勝戦>
1枠 深川 真二(佐賀支部)
2枠 吉田 裕平(愛知支部)
3枠 永井 彪也(東京支部)
4枠 辻  栄蔵(広島支部)
5枠 島村 隆幸(徳島支部)
6枠 青木 玄太(滋賀支部)

(C)BOATRACE

 深川真二が予選トップ通過を果たした。足は高いレベルでバランスが取れていて、気配面は問題ない。ただ、フライング持ちで、今節はスタートがやや慎重なのが気がかり。怖いのは4枠・辻栄蔵と5枠・島村隆幸【写真すぐ上】。2人の共通点はダービー出場のボーダーライン付近にいるということ。きょう7月31日までが選考期間のSGダービー(平和島、10月26日〜31日)へ、辻は安全圏に入ったようだが、一方の島村は勝負駆けになる。島村はレース足が軽快。SG初出場を狙う一発大駆けに注目したい。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント