IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉ロッテマリーンズの種市篤暉投手

ロッテ種市 ソフトボール上野の五輪での活躍に感動。昨年1月には自主トレ先でアドバイスをもらう

千葉ロッテマリーンズ

 「失敗をすることは大きなチャンスでもあるのだよ」。千葉ロッテマリーンズの種市篤暉投手はオリンピック・女子ソフトボール決勝戦をテレビ観戦しながら、その言葉を思い返していた。それは2020年1月に行った福岡での自主トレの事。2019年からホークスの千賀滉大投手の下で行っているトレーニングにこの年はソフトボールの上野由岐子投手も参加をした。日本ソフトボール界のレジェンドは、種市ら若手選手が集う合同自主トレの場で人生哲学を熱く語ってくれた。

 「ボクはどうしても失敗をしたらダメ、嫌だと考えていた。2019年も8勝したけど、ずっと負けるのを怖がりながら投げている部分があった。失敗をしたら二軍に落とされるのではないかとビビっていた。上野さんは失敗をすることは大事だと言ってくれた。考え方を変えないとダメだなと思いました」

 上野からアドバイスをもらった前年の2019年シーズンで種市は8勝2敗と大きく飛躍。背番号も「63」から「16」と出世を果たした。それでも、どこか自信を持てずにいた。失敗を恐れる自分がいた。そんな姿勢を見透かされていたのだろうか。自主トレで初めて出会った上野は失敗をする大切さを語り続けてくれた。誰もが知る成功者の言葉はスッと種市の胸の中に入り込んできた。振り返ると失敗を恐れながらマウンドに向かう自分がいた。それが決して良い心構えではないことは客観的に自己分析するとすぐに分かった。

 「若い時にしか失敗は出来ない。だから失敗をしまくればいい。年を重ねてからは、なかなかそうはいかないからね。若いうちの特権。失敗を重ねて、どうすれば成功をするのかを考えて、自分を作っていけばいい」と上野は語ってくれた。

 自主トレ先ではフォーム分析のために映像を見る時間に重点が置かれていた。様々な話を聞くのは決まってこの時間だった。上野は映像を見ながら語りかけてくれた。超一流アスリートから直接、貴重な話を色々と聞いた。

 「人生で大事なのは成功体験ばかりではない。悔しさや辛い思いが、いい事に繋がっているのだとつくづく思いました」と種市。

 種市は昨年9月に右ひじを手術。現在は復帰に向けてリハビリに励んでいる。テレビの向こうで躍動する上野の姿は地道な日々に気持ちが沈みがちの種市の心に響いた。種市は言う。「復帰を目指してさらに頑張ろうという気持ちにさせていただきました。そしてまた自分がマウンドに戻った時に上野さんのように観ている人に感動をしてもらえるようなピッチングをしたいと改めて思いました」。地道なリハビリの日々は続く。一歩ずつ前に進む。日本に金メダルをもたらした偉大なアスリートからもらったアドバイスを胸に完全復活の日を夢見る。人生で大事なのは成功体験ばかりではない。悔しさや辛い思いが、いい事に繋がっているのだ。

文 千葉ロッテマリーンズ広報室 梶原 紀章

クラブ名
千葉ロッテマリーンズ
クラブ説明文

球団に関するニュース、球団広報によるコラム、オフィシャルライターによるチームのこぼれ話や球団情報をお届けします。お楽しみに!!

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント