IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】猛暑に負けないG2戦がスタート 初日ドリームは井口佳典 G2尼崎MB大賞

BOATRACE

 SGオーシャンカップの余韻が冷めない中、「G2尼崎モーターボート大賞」が兵庫県・尼崎市のボートレース尼崎で27日からスタートする。

 昨年に続き、今年もサブタイトルに「インプールをぶち破れ! まくってちょ〜うだい!!」が付いた。全国でも屈指の静水面と呼ばれる尼崎で、選手に「まくり」を意識づけする企画を実施。ファンの間でも定着してきた。尼崎の前節には、今節の前哨戦として、一般戦で「まくってちょ〜うだい」が行われた。初日から、まくり切った選手は、表彰された後、ガチャガチャの抽選器を回して「副賞」をゲット。選手間でも何かと評判の企画となっている。

 初日は、メイン12Rでドリーム戦が行われる。枠番、メンバーは次の通り。

<尼崎 初日 12R ドリーム戦>
1枠 井口 佳典(三重支部)
2枠 深谷 知博(静岡支部)
3枠 白石  健(兵庫支部)
4枠 西島 義則(広島支部)
5枠 上野真之介(佐賀支部)
6枠 羽野 直也(福岡支部)

 今回の企画レースを実現させるため? 興味津々の番組となった。1枠には井口佳典【冒頭の写真】が組まれた。2カ月間の出場停止から復帰して2節を消化。4月G1津周年以来、久々の特別競走となる。手にした32号機は、2回前の女子戦で海野ゆかりが優出2着。凡機を何とか立て直した。井口も手腕を発揮して、イン先制を図る。

 ただ、進入で難敵が控える。4枠西島義則だ。インにこだわる姿勢を貫き、コース取りからシビアに立ち回る。両者の1コース争いが熱くなり、自然とセンター勢の攻めが浮上する。

(C)BOATRACE

 今大会のサブタイトル通りに「まくり」を狙うのは誰か? モーター、枠を加味すると、3枠白石健【写真すぐ上】が怖い。駆る28号機は、3回前の女子戦で西岡成美がデビュー初優出(5着)を遂げた。5月のGW戦では金子龍介が優出(3着)と結果を出した。白石の調整力と、スタート力をミックスさせると、一撃弾が楽しみだ。

 尼崎のモーターは4月10日に初おろしされ、4カ月近くが経過した。エース候補は38号機。2連対率は53.7%とトップの数字を残し、乗り手を問わずパワフルに仕上がる。今回は葛原大陽が手にした。攻撃タイプに渡ったことで、行き足から伸びを重視した仕上げに出る可能性がある。初日は4R1枠に登場する。

 同じく乗り手不問で噴く56号機は、羽野直也がゲットして注目が集まる。温水パイプが外れた後の6月に魚谷智之が優出3着、その後は浅田千亜希(選抜3着)→森下愛梨(選抜2着)→森智也(選抜2着)と賞典レースを外していない。初日は12Rドリーム戦の6枠で臨み、的確な立ち回りを発揮する。

 出足型で注目したいのは2号機(島村隆幸)と8号機(吉田俊彦)。伸び型では6号機(柳内敬太)、49号機(松下一也)、61号機(畑田汰一)の3基が期待できる。

 最後に、前検1番時計は藤山翔大で6秒74をマークした。最近はペラの形を伸び仕様にして、レーススタイルは「まくり」にこわだる。初日は5R3枠、9R6枠で登場。真骨頂の攻めを見せるか、楽しみだ。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント