IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クボタスピアーズ(ラグビー)】自主トレ密着記事

【自主トレ密着】強度も量もケタ違い!まるで修行のような千葉選手の自主トレは覚悟の現れだった

クボタスピアーズ

午前6時5分 140キロのベンチプレス

朝6時5分。
目の前にセットされた140キロのベンチプレスを見て、この取材を依頼したことを後悔した。

「これ(ベンチプレス)を8回3セット。それからダンベルでインクライプレス、そこで胸はいったん終了して、次は肩にいきましょう。ダンベルプレスして、レイズで追い込んで、最後はディップス。さあ、いきましょう!」

今回の取材対象である千葉選手は、そう笑顔で告げると、なんの迷いもなく1セット目をスタートした。

取材開始から約5分。
あっという間のウォーミングアップを終えると、瞬く間に140キロまで重ねられたウェイトを余裕そうに上げ下げする千葉選手。
この【自主トレ密着】記事でどうしても取り上げたかった選手だ。

前回の【自主トレ密着】記事では、自分の感覚を研く(みがく)ようにバランスを重視してトレーニングを行う近藤選手を取材。第2弾となるのは、そんな近藤選手と対をなす存在と言える千葉選手。

近藤選手が感覚を研くなら、千葉選手は筋肉をデカくする。
近藤選手がバランスを重要視するなら、千葉選手は強みをより強くする。
近藤選手が柔なら、千葉選手は剛。

多様性のあるラグビーというスポーツを、自主トレを通じて表現するのであれば、この二人は必ず紹介する必要があった。

ただ、アグレッシブなプレースタイルとは裏腹に、普段はシャイな千葉選手。
単なる取材では、千葉選手の胸の内を聞くことはできないだろうと、合トレ(合同トレーニング)を提案することで、今回の取材を受けてもらえることとなった。

ただ、その提案は取材開始5分で後悔する。

平然とセットされる高重量。
これでもかというほどの高回数。
複数の種目数。

過剰ともいえる千葉選手の自主トレに込められ思いとは。
千葉選手の自主トレに密着する。
(2021年6月22日取材)

千葉雄太。宮城県出身。2015年入団の28歳。仙台育英学園高校⇒立正大学⇒クボタスピアーズ。 主に№8として活躍。外国人選手が多い同ポジションにおいても、日本人離れした接点の強さを見せる。 千葉雄太。宮城県出身。2015年入団の28歳。仙台育英学園高校⇒立正大学⇒クボタスピアーズ。 主に№8として活躍。外国人選手が多い同ポジションにおいても、日本人離れした接点の強さを見せる。 【クボタスピアーズ(ラグビー)】自主トレ密着記事

デカさは正義じゃないですか

シーズンが終了しオフシーズンになると、チームとしてのトレーニングは行われず、コンディションの調整は各選手に委ねられる。いわゆる「自主トレ」が始まり、内容、頻度、時間帯、そして場所も含め、それぞれの選手の判断で行われる。
選手はこの自主トレを社業やコンディション、そして自身のプレーの課題を考慮して、主体的に取り組む。故にこの自主トレは、選手の個性が溢れていて面白い。
自主トレを見ることで、その選手の来季のプレーが見えてくる。そして、期待が膨らむ。
そんな自主トレに取り組む選手に密着する【自主トレ密着】記事。

今回、密着するのは千葉雄太選手。
どのチームも外国人選手が名を連ねる第三列(フランカー、N0.8のポジションの総称)という激戦区ポジションで活躍する。

千葉選手の売り、それはフィジカル、つまり接点の強さだ。これに尽きる。
特にボールを持っての強さはトップリーグ屈指。

千葉選手がボールを持って走るのを見ると、ラグビーというスポーツがとてもシンプルだったことに気付かされる。

ボールを持つ、走る、当たる、相手を吹き飛ばす、また走る。
複数人のタックラーに横から後ろから掴まれ、足を持たれてようやく止まる。

パスもある、キックもある、ステップもある、そんな複数のオプションがあるはずのスポーツで、このシンプルなプレーでここまでくるのは容易ではない。

「デカさは正義じゃないですか。」

自主トレが始まって間もなく、そう発言した千葉選手は、その「容易ではない」ことやってこれた自信と拘りを垣間見見る心中を語ってくれた。

「自主トレは筋トレをメインに行っています。自分の売りは、フィジカルの強さ。いまさらタイプを変えるつもりはないです。このままこの強みを売りにして、外国人にも嫌がられる選手でありたいと思っています。第三列は外国人も多く激戦区。接点の強さとパワーが売りの選手も多くいますが、そこで戦っていく覚悟はできています。接点では負けられないし、負けるつもりもありません。だからこそ、トレーニングでデカくします。」

チームスポーツは、相手と戦う前にチーム内で戦う必要がある。
どの選手も生き残りをかけて必死だ。
戦うレベルが上がれば上がるほど、自分の長所が通用しなことも増えてくる。
その中で、他の部分を伸ばしたりすることで、成長し、生き残る。こうした柔軟性が必要とされるなか、千葉選手は強硬だ。強みを強みでカバーする。
だが、これは決して楽な道ではない。その覚悟がトレーニングから滲み出いていた。

朝日が照らすジムでベンチプレスを行う千葉選手 朝日が照らすジムでベンチプレスを行う千葉選手 【クボタスピアーズ(ラグビー)】自主トレ密着記事

高重量のベンチプレスを終えると、42キロのダンベルでインクライダンベルフライを行い、肩の種目へ。肩は種目数とレップ数(1セットに行う回数のこと)で追い込む。
高重量のダンベルショルダープレスのあとに、アーノルドプレス。その後に3種類の重さを使用し、1セット最大40回のレップ数を超えるダンベルサイドレイズを終えると、リアレイズへ。

「もういいだろ、もう十分だろ」と心の中で叫びたくなるほどのボリューム感。
そんな理屈では語れないようなトレーニングが繰り返される。
重量も回数も種目数も、とにかく「追い込む」。

サイドレイズで肩を追い込む サイドレイズで肩を追い込む 【クボタスピアーズ(ラグビー)】自主トレ密着記事

「重量も回数もそうですが、とにかく様々な刺激を入れて、筋肉を慣れさせたくないんです。自分を慣れさせたくないんです。」

とダンベル片手に語る千葉選手を見て、この人はジムでフィジカルと同時にメンタルを鍛えているんだな、と感じた。

理屈じゃない。
オーバーワークとか、トレーニングの狙いがどうとか、そうした理屈では鍛えられない部分をバーベルやダンベルを用いて鍛錬する。それは、まるで修行のようだ。これこそが、千葉選手のフィジカルで生きていく覚悟なのだ。

そして、その覚悟の原動力は決して自己満足だけではない。

「自分がボールを持つと、チームが盛り上がってくれるのが気持ちいいです。ワクワクします。それが自分に求められるものだと思っているし、自分もそこで貢献したい。」

クボタスピアーズでは、千葉選手がボールを持つと、チーム内から
「チーバ!!」
と歓声が出るのはおなじみの光景だ。コロナ禍の関係で、昨シーズンはこのコールを聞くことはできなかったが、それでも千葉選手がボールを持つのを期待せずにはいられない。

その期待とは、パスでもない、ステップでもない。ただ一直線に相手に突進し、フィジカルで圧倒する様だ。これが見られるとチームの士気は一気に上がる。その価値を、千葉選手自身もわかっている。

「周りの期待に応えたい」自身の長所のフィジカルをここまで引き上げられたのは、そうした気持ちがあったのかもしれない。

「確かに激戦区のポジションではありますが、№8というポジションを楽しんでいます。
昨シーズンのパフォーマンスは自信がありましたが、それでも公式戦のメンバーには入れませんでした。プレシーズンでのパフォーマンスに自信があっただけに悔しかったです。ただ、いまさら(選手としての)タイプを変えることはできないので、よりデカくして次のシーズンに臨みます。スピードは課題なので、より動けるようになって、接点の強さをキープしたいと思っています。アタックでの1対1に関しては日本人・外国人関係なく負ける気がしませんよ。」

自らの武器「フィジカル」を、より大きくより強くする千葉選手。
拘りぬいたこの武器が、次シーズンで向かう敵を圧倒する様を期待したい。
その際は、ぜひ心の中で「チーバ!!」コールを忘れずに。


文・写真:クボタスピアーズ広報 岩爪航
※試合中の写真のみ福島宏治チームフォトグラファーの写真を使用しています。

トレーニングを終えると出社した千葉選手。トレーニング中は常に楽しそうだった トレーニングを終えると出社した千葉選手。トレーニング中は常に楽しそうだった 【クボタスピアーズ(ラグビー)】自主トレ密着記事

関連リンク

クラブ名
クボタスピアーズ
クラブ説明文

〈クボタスピアーズについて〉 1978年創部。1990年、クボタ創業100周年を機にカンパニースポーツと定め、千葉県船橋市のクボタ京葉工場内にグランドとクラブハウスを整備。船橋市及び周辺エリアを拠点にチーム強化を図ってきた。以降、着実に上位リーグへの昇格を重ね、2003年、ジャパンラグビートップリーグ発足時からチーム名を「クボタスピアーズ」とし、トップリーグの常連として戦って来た。 「Proud Billboard」のビジョンの元、強く、愛されるチームを目指し、ステークホルダーの「誇りの広告塔」となるべくチーム強化を図っている。2021年2月~5月に開催されたトップリーグ2021では、過去最高順位である3位でシーズンを終えた。 2022年1月開幕予定のラグビー新リーグ「Japan Rugby League One」では、新チーム名「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」として参入する。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント