【新日本プロレス】“BULLET CLUBのディック東郷”にロングインタビュー!

チーム・協会

【新日本プロレスリング株式会社/山本正二】

2020年7.12大阪城ホール大会のメインイベント、内藤哲也 vs EVILの二冠王座戦に、EVILのパレハとして突如出現したディック東郷。

あれから約1年……。EVILのセコンドとして、BULLET CLUBのメンバーとしてすっかり定着した“ザ・スポイラー”にインタビュー敢行!!

撮影/山本正二

※以下、インタビューの「序盤部分」をSportsNaviで無料公開!

俺はプロレス、30年やってきてんだぞ? いまさらタイトルマッチだから気合いが入るとか、そんな感覚はねえよ

【新日本プロレスリング株式会社/山本正二】

――さて、東郷選手、新日本プロレスのオフィシャルスマホサイトのインタビューに登場していただくのは、今回が初めてとなります。

東郷 ああ、そうか。さっさと始めてくれ。

――6.22後楽園でのNEVER無差別級6人タッグ王座戦(王者・後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIvsEVIL&高橋裕二郎&東郷)の翌日の取材となりますが、試合は激闘の末、最後は東郷選手が石井選手の垂直落下式ブレーンバスターの前に惜敗を喫しました。一夜明けてまだダメージが残ってるのでは?

【新日本プロレスリング株式会社】

東郷 べつにたいしたことねーよ、このとおり身体はピンピンしてる。昨日はたまたま、いいのが入っただけだ。

――サングラスでわかりにくいですが、若干顔が腫れてるような気もしますが……。

東郷 よくわかんねえけど、たぶん石井のヤローが最後に出してきたヘッドバットだろうな。クソ……。

――今回は東郷選手にとって、昨年7月にEVIL選手の“パレハ”として登場し、BULLET CLUBに加入して以降、初のタイトルマッチでしたが、何か期するものはありましたか?

東郷 ……オイ、俺はプロレス、30年やってきてんだぞ? いまさらタイトルマッチだから気合いが入るとか、そんな感覚はねえよ。いくつも修羅場をくぐってきたからこそ、どんな状況でも臨機応変に対応していく、それだけだな。

――バイプレイヤーのときはバイプレイヤーに徹し、大一番のときはまた違うスイッチが自然に入ると?

東郷 そういうことだ。そもそも、俺は自分のことを“カメレオン”だと思ってんだよ。その国に行ったらその国のスタイルでやるし、違う団体に行ったら違う団体の流儀でやる。

――上がるリングに合わせて変幻自在ということですね。国内外の数々のリングで活躍してきた理由が、その一言に現れてるというか。

東郷 新日本のリングでの俺は、“ザ・スポイラー”。BULLET CLUBの“ザ・スポイラー”として、自分の仕事をただ遂行するだけだ。

昔のことをわざわざ掘り返して「ご苦労さん」って感じだし、完全に石井の一人相撲にすぎねえよ。

【新日本プロレスリング株式会社】

――今回の王座戦では、過去の因縁を踏まえて“石井vs東郷”という部分がクローズアップされましたが、東郷選手はどのように受け止めていましたか?

東郷 因縁? それは石井が勝手に一人で盛り上がってただけだろ。俺は昔のことなんか興味はねえよ。

――石井選手は王座戦の前、6.14後楽園で「本当のディック東郷の姿を新日本の連中、ファンに、見せたらどうだ? いままで、いくつのユニットを作り上げてきた? そのユニットのリーダーとして、いくつの団体、暴れ回ってきた? そんなヤツが新日本に来て、チマチマチマチマしてんじゃねえぞ。本当のテメーの姿、さらけ出してみろ。オメエがやらねえつっても俺がやってやる。なあ、“大将”」とコメントしました。かつてファー・イースト・コネクションとして、共に活動した東郷選手への特別な気持ちが見えるというか。

東郷 フン! アイツはいつまで昔の話をしてんだ? あいにく、こっちには思い出に浸る趣味はねえよ。

――石井選手は6.7大阪城で東郷選手にスポイラーズチョーカー攻撃を食らったことに対し、「やっと俺の前に来たな。ケンカ売ったってことでいいんだよな」とコメントしてましたが、東郷選手は石井選手だから意識的に攻撃したわけではないと?

東郷 俺は“ザ・スポイラー”としての使命を果たしただけであって、そのとき目の前に石井がいたってだけのことだ。よくわかんねえけど、そこから昔のことをわざわざ掘り返して「ご苦労さん」って感じだし、完全に石井の一人相撲にすぎねえよ。


  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新日本プロレスリング株式会社

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント