IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©PGA

最高の舞台が整った日光CCのコースセッティング

日本プロゴルフ協会(PGA)

第88回日本プロゴルフ選手権大会 大会前日

 
 明日7月1日からの大会開幕に向けての公式記者会見が、大会舞台となる日光カンツリー倶楽部のクラブハウス2階テラスで行われた。
 
 会見にはPGA倉本昌弘会長をはじめ、日光カンツリー倶楽部・松本典文理事長、前回大会覇者・石川遼(リモート出席)、2022年開催コース・杉山孝代表取締役が列席し、陪席には植田浩史PGA副会長、天野克彦大会競技委員長、牧野裕大会コースセッティングアドバイザーが着いた。
 
 倉本PGA会長は大会開催に至るまでの経緯や、前日の大会練習日には雨天ながらも800人ものギャラリーがコースに足を運んだ実績を話し、「大会4日間は雨模様の予報が出ているようですが、無事に終えたい」と挨拶。松本理事長は「ギャラリー上限5000人ですが、有観客のフルスペックで開催します。ぜひ成功裏に終了させたい」と熱く語った。
 
 牧野大会コースセッティングアドバイザーは7246ヤードのパー71、10番パー5ホールをパー4に設定し、グリーンスピードは11〜12フィート、コンパクションは23〜24の硬めに仕上げ、スコアや天候によっては決勝ラウンドで9番パー5ホールを484ヤードのパー4にする可能性もあることを説明した。
 
 リモート出席した石川は有観客での大会開催について「大会連覇へ決してやさしくはないけれど、ギャラリーの応援が力になる」と話した。

リモートで参加した石川遼 リモートで参加した石川遼 ©PGA

関連リンク

クラブ名
日本プロゴルフ協会(PGA)
クラブ説明文

PGAはゴルフの正しい普及と発展を願い、誰にでも愛される「国民のスポーツ」「生涯スポーツ」となるため、日本ゴルフ界のリーダーとして活動しています。PGAの使命は、トーナメントプレーヤーの育成、ゴルフ大会の開催・運営に加え、ゴルフの正しい普及と発展を具現化するために、ティーチングプロ資格を付与したゴルフ指導者を育成しています。さらにPGAでは幅広い分野で積極的な取り組みを行い、地域に密着した社会貢献活動、ジュニアゴルファーの育成など多方面にわたる取り組みを日々歩み続けています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント