IDでもっと便利に新規取得

ログイン

THE SURF NEWS

【サーフィン】東京五輪サーフィン競技の補欠選手の選出方法が正式に発表

THE SURF NEWS「サーフニュース」

6月14日、ISA(国際サーフィン連盟)は東京五輪の最終選考である『2021 ISAワールドサーフィンゲームス』の結果により全て揃った代表選手の正式な確認期限、および補欠選手の再配分方法を改めて発表した。

2021年6月21日までにNOC(各国の国内オリンピック委員会)によって出場の意思が確認されなかった場合、もしくはNOCによって辞退された場合、各国最大で男女各2名という条件のもと、各選考基準の次点の選手に再配分される。

『2019 ISAワールドサーフィンゲームス』
『2019 パンアメリカン競技大会』

以上の大陸毎に割り当てが決められた選考イベントでは、ISAが定めるクオリティーコントロールランキング(上位30位)に入っていることを条件に、各イベントで次点の選手に補欠枠が再配分される。
もし、ISAが定めるクオリティーコントロールランキングに該当する同じ大陸の選手がいない場合は、大陸に関係なく、次点の選手に枠が割り当てられることになる。

例えば、日本は『2021 WSG』から前田マヒナの都筑有夢路が上限数の2枠を獲得したため、『2019 WSG』の枠を使用することができないが、『2019 WSG』で日本選手以外に30位以内にランクインしたアジア選手はいない。そのため『2019 WSG』のアジア枠は大陸に関係なく最上位の選手、つまり1位のソフィア・ムラノヴィッチ(ペルー)に割り当てられており、その補欠も有資格者のなかで次点となるエヴェリン・ホーフト(オランダ)となっている。

なお、東京五輪の参加選手の最終エントリーは2021年7月5日23:59(日本時間)。

エントリー締め切り後に、アンチドーピング規則違反、新型コロナウイルスの検査陽性及び、感染による隔離や検疫などの競技不可能な医学的問題が発生した場合や、その他の例外的な理由がある場合、IOC(国際オリンピック委員会)はIOCの医療専門家や関係するIF(国際競技連盟)と協議した上、補欠選手への代替えを認めることができる。その場合、サーフィン競技日前日の2021年7月24日15:00(日本時間)に行われるテクニカルミーティングまでに再配分が完了している必要がある。

サーフィン競技については国名ではなく、選手の名前で出場枠が決められているため、承認されたクオリファイシステムによって再配置の手続きが開始される。

補欠選手は出場条件と選考基準を満たし、NOCのリストにも登録されている必要があり、ドーピングの問題が保留されていないことが条件となる。

以下、代表選手と補欠選手のリスト。

東京五輪サーフィン 代表選手と補欠選手

ISA

関連リンク

クラブ名
THE SURF NEWS「サーフニュース」
クラブ説明文

国内外のサーフィン関連ニュースを発信する「THE SURF NEWS(サーフニュース)」の公式アカウントです。2020年東京五輪のサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、初心者から経験者まで役に立つHowToなど様々なニュースをお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント