IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

山川穂高が本塁打含む3安打3打点の活躍も、序盤の失点が重くのしかかり埼玉西武が敗戦【6/11 試合結果】 

パ・リーグインサイト

 6月11日、メットライフドームで行われた埼玉西武と中日の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、5対6で埼玉西武が敗戦した。

 埼玉西武の先発・高橋光成投手は3回表、無死2塁のピンチから大島洋平選手の適時打で先制点を奪われると、なおも1、3塁の場面から犠飛で追加点を許してしまう。続く4回表には、ピンチの場面で味方の失策や野選が重なって失点を喫し、2番・堂上直倫選手にはこの回3点目となる適時打を浴び、高橋光成投手はここで降板となった。

 高橋光成投手の後を受けた2番手・佐野泰雄投手は後続を打ち取ると、5回表も無失点に抑えて試合を立て直す。すると打線は直後の5回裏、無死1塁の場面で中日先発・大野雄大投手から山川穂高選手が直球を完璧に捉えると打球はレフトスタンドへ。「打った瞬間、手ごたえバッチリでした」と主砲の今季第9号となる一発で2点を返した。

 3点差に迫った埼玉西武は6回表、ルーキー・佐々木健投手がプロ初登板。先頭の8番・三ツ俣大樹選手から三振を奪うなど、この回を無失点に抑える。7回表は長打を浴びてピンチを背負うと、味方の失策が絡み1点を失う。2回1失点(自責点0)の投球内容について「自分本来の投げたいボールは、緊張のせいかほとんどいかなかったです。とにかく精一杯、ひたすら投げた、という感じでした」と、振り返った。

 4点差に広がった7回裏は、先頭の山川穂高選手の二塁打を皮切りに1死3塁とし、愛斗選手の犠飛で1点を返す。直後の8回表には育成出身ルーキー・水上由伸投手がプロ初登板を果たし、1奪三振を含む3者凡退の好リリーフを見せた。水上投手は「一軍の初マウンド、すごく楽しかったです。よく腕も振れたと思いますし、普段以上のピッチングができたのでは、と思います」と、登板を振り返った。

 すると8回裏、中日リリーフ陣を攻め立てる。2死1、2塁のチャンスから呉念庭選手と山川選手に適時打が生まれ、1点差まで詰め寄る。追い上げムードで迎えた9回裏、又吉克樹投手から2死1塁の場面をつくると、代打・中村剛也選手が右中間へ打球をはじき返す。1塁走者・岸潤一郎選手も執念の走塁を見せたが、本塁タッチアウト。終盤の反撃及ばず5対6で試合終了した。

 敗れた埼玉西武は先発の高橋光成投手が3.0回75球8安打2四球5失点(自責点2)の内容で今季2敗目。「チームに対して申し訳ない気持ちです。今日一番よくなかったのは、とにかくボールが高かったことです」と反省点を述べた。打線では山川選手が3安打3打点の固め打ちと、一人気を吐いた。

  123456789 計
中 002300100 6
西 000020120 5

中 ○大野雄大-祖父江大輔-福敬登-谷元圭介-S又吉克樹
西 ●高橋光成-佐野泰雄-佐々木健-水上由伸-武隈祥太-宮川哲

文・和田信

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント