IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

本前郁也が6回1失点の好投も...... 終盤に引き離された千葉ロッテが逆転負け【6/11 試合結果】

パ・リーグインサイト

 6月11日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと巨人の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、1対5で千葉ロッテが敗戦した。

 千葉ロッテは初回、2死から3番・中村奨吾選手が安打で出塁。続く角中勝也選手が死球を受けて2死1、2塁の好機を作ると、5番・レアード選手がレフトへの適時打を放ち、巨人先発・メルセデス投手から先制点を奪った。

 初回から援護を受けた千葉ロッテの先発・本前郁也投手は、立ち上がりから伸びのある直球にカーブを交えながら、緩急を付けた投球を展開。巨人打線を3回まで1安打に抑え込む上々の立ち上がりを見せる。しかし4回表、2死から安打と四球でピンチを迎えると、6番・中島宏之選手の適時二塁打で同点に追い付かれた。

 失点を喫した本前投手は5回表を3者凡退で抑えて立ち直ると、自身初となる6回のマウンドへ。先頭に安打を許したものの、後続を切り抜けて自己最長となるイニングを投げ切った。7回表からは2番手に小野郁投手が登板。四球から2死2塁のピンチを招いたが、迎えた巨人の代打・香月一也選手から空振り三振を奪い、この場面をしのいだ。

 しかし8回表、この回から登板の大嶺祐太投手が先頭に二塁打を浴びてピンチをつくると、2番・ウィーラー選手にレフトへの適時二塁打を許し、勝ち越し点を奪われてしまう。なおも1死3塁からは岡本和真選手に右中間への17号2ランを被弾するなど、この回4失点と突き放されてしまった。

 敗れた千葉ロッテはレアード選手が先制打を放ち、前夜の決勝弾から続いて2試合連続打点を記録。また、安田尚憲選手と角中勝也選手はマルチ安打をマークした。投げては先発の本前投手が6回102球4安打1奪三振2四球1失点と好投するも、後を受けたリリーフが崩れて、カード初戦を落とした。

  123456789 計
巨 000100040 5
ロ 100000000 1

巨 ○メルセデス-畠世周-ビエイラ
ロ 本前郁也-小野郁-●大嶺祐太-成田翔

文・和田信

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント