IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

山崎剛が3安打の活躍も、打線がつながらず楽天が惜敗【6/11 ファーム試合結果】

パ・リーグインサイト

 6月11日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第9回戦は2対3で楽天が敗れた。

 楽天の先発は石橋良太投手。初回は球威のある直球を軸にして巨人打線を抑える立ち上がり。しかし2回表、2死1、2塁のピンチを招くと、喜多隆介選手に適時打を浴び、先制点を許す。その後は制球が定まらず、2死満塁から押し出し四球を与えて、この回2点を失った。3回以降は走者を出しながらも要所を締め、4回4安打4四死球1奪三振2失点の内容でマウンドを降りた。

 打線は2回裏、1死から5番・山崎真彰選手、6番・カスティーヨ選手の連打が生まれると、四球が絡んで1死満塁のチャンスをつくる。ここで8番・堀内謙伍選手が押し出し四球を選び1点を返すと、9番・渡邊佳明選手が犠飛を放ち、同点に追い付いた。

 楽天は5回表から継投に入ったが、2番手・王彦程投手が四球と安打で無死1、3塁とされると、内野ゴロの間に1点を勝ち越される。打線も3回以降は巨人先発の木下幹也投手を捉えられず、2対3で試合は後半へ。

 6回以降は両チームの投手が粘り、こう着状態が続く。7回裏には、先頭の7番・下水流昂選手が安打で出塁し、犠打と暴投で1死3塁のチャンスを迎えるが、後続が打ち取られ無得点に終わる。リリーフ陣は、福井優也投手、渡邊佑樹投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えて打線の援護を待つが、最後まで巨人投手陣を攻略できず試合終了。敗れた楽天は、山崎剛選手が3安打を放つなど相手を上回る10安打を放ったが、チャンスで得点できなかった。

  123456789 計
巨 020010000 3
楽 020000000 2

巨 ○木下幹也-沼田翔平-伊藤優輔-堀岡隼人-S平内龍太
楽 石橋良太-●王彦程-福井優也-渡邊佑樹 

文・木村圭

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント