IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

【BOATRACE】前田将太が悲願のG1初Vを引き寄せる予選1位! 福岡68周年記念

BOATRACE

 ボートレース福岡で開催中のG1「福岡チャンピオンカップ 開設68周年記念競走」は10日、シリーズ5日目に突入し準優3個レースが行われる。

 3日目終了時点では篠崎仁志、坪井康晴、西山貴浩に続き得点率4位だった前田将太【冒頭の写真】に、千載一遇のチャンスが訪れたのは4日目4Rだった。5枠で1回乗り、もし1着なら得点率8.33でトップに立てる。ライバルの得点上位勢は、みんな6枠を残した走りだ。ここで前田はピット離れで枝尾賢を抑えて1つ内に入り、豪快なまくり差しから1着。「トップ通過も意識してましたが、今節に限らず地元を走るときは常に気持ちが入っているんで頑張ります」と初のG1Vへ残すは準優12Rと優勝の2つの関門だけとなった。

<福岡 5日目 12R 準優勝戦>
1枠 前田 将太 (福岡支部)
2枠 西山 貴浩 (福岡支部)
3枠 峰  竜太 (佐賀支部)
4枠 前本 泰和 (広島支部)
5枠 藤山 雅弘 (大阪支部)
6枠 岡村 慶太 (福岡支部)

(C)BOATRACE

<福岡 5日目 10R 準優勝戦>
1枠 枝尾  賢 (福岡支部)
2枠 新田 雄史 (三重支部)
3枠 太田 和美 (大阪支部)
4枠 桐生 順平 (埼玉支部)
5枠 山崎 哲司 (愛知支部)
6枠 森野 正弘 (山口支部)

 準優第1弾の10Rは、2019年に江戸川周年を制している地元・枝尾賢が1枠。枝尾は「このエンジンのいい時(3月SGクラシックで石野貴之V)を知っているので物足りない。押しがもうひとつ。ピット離れがなぜ悪いかは分からない。ペラ中心にちょこちょこ触ってみたい」と上積みを図る。

(C)BOATRACE

<福岡 5日目 11R 準優勝戦>
1枠 坪井 康晴 (静岡支部)
2枠 篠崎 仁志 (福岡支部)
3枠 瓜生 正義 (福岡支部)
4枠 岡崎 恭裕 (福岡支部)
5枠 西島 義則 (広島支部)
6枠 廣瀬 将亨 (兵庫支部)

 準優11Rはイン死守の坪井康晴に西島義則が前付けする隊形。地元福岡勢3人が中枠からターン勝負。大将格の瓜生正義は「威張れる足じゃないけど、スタートがしやすくバランスは取れている。エンジンはしっかり動いてくれているので、あとは選手」という覚悟。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント