IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

レアードが13号2ラン&勝ち越し打の3打点! 17安打11得点で千葉ロッテが連敗脱出【6/4 試合結果】

パ・リーグインサイト

 6月4日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAと千葉ロッテの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、11対7で千葉ロッテが勝利。17安打11得点の猛攻で連敗を止めた。

 千葉ロッテは2回表、佐藤都志也選手の2号2ランで先制に成功。直後の2回裏に先発・鈴木昭汰投手が桑原将志選手の4号3ランで逆転を許したが、3回表にマーティン選手の17号ソロ、レアード選手の13号2ランで5対3と試合をひっくり返した。

 援護を受けた鈴木投手だったが、3回裏2死2、3塁から大和選手に2点適時打を浴び、試合は再び振り出しに。結局この回限りで降板し、3回67球6安打3四球5失点と課題が残る登板となった。

 打線は5回表、中村奨吾選手の四球、マーティン選手の安打で好機をつくり、レアード選手の適時打で勝ち越し。なおも藤岡裕大選手の内野ゴロの間に1点を追加し、7対5の2点リードで試合は折り返した。

 6回表には鳥谷敬選手、角中勝也選手の適時打で2点、7回表にも荻野貴司選手の適時打で1点を追加した千葉ロッテ。リリーフ陣は4回裏から2イニングを大嶺祐太投手、6回裏から2イニングを小野郁投手が無失点でつなぐ好投を見せると、8回裏を横山陸人投手が無失点に。9回裏にフローレス投手が2点を失ったが、最後は益田直也投手が締めて試合終了。9回表にも佐藤選手の3号ソロで1点を追加した千葉ロッテが11対7で勝利した。打線では中村選手、マーティン選手、佐藤選手、荻野選手が猛打賞をマーク。リリーフ陣も6イニングを2失点でつなぐ好投を見せ、引き分けを挟んでの連敗を止めた。

  123456789 計
ロ 023022101 11
デ 032000002 7

ロ 鈴木昭汰-○大嶺祐太-小野郁-横山陸人-フローレス-S益田直也
デ 京山将弥-●国吉佑樹-砂田毅樹-石田健大-平田真吾-三上朋也

文・東海林諒平

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント