IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ISA / Ben Reed

『2021 ISA ワールドサーフィンゲームス』の開催地 エルサルバドルの知識やポイント解説

THE SURF NEWS「サーフニュース」

5月29日〜6月6日に開催される東京五輪の最終選考を兼ねた『2021 ISA ワールドサーフィンゲームス』の舞台は中米のエルサルバドル。

日本人サーファーにはあまり馴染みがないこの国の知識とポイント解説をお伝えする。

エルサルバドルとは?

Photo: ISA / Ben Reed

メキシコから陸続きの中米、エルサルバドルはグアテマラ、ホンジュラスに囲まれた形で太平洋に面している。
公用語はスペイン語。
日本との時差はマイナス15時間。

中米の中では唯一、カリブ海に面していない国でもある。
アメリカ大陸の国の中では最小の国だが、人口密度は最高水準。
主な産業は農業であり、コーヒー、砂糖、綿花の栽培が盛んだ。

エルサルバドルは雨季と乾季がある熱帯気候。
乾季は11月〜4月、雨季は5月〜10月。
大会開催時の雨季はサーフィンがコンスタントに可能なハイシーズンになる。

エルサルバドルの波は?

(ISAのSUPイベントに使用されたこともあるエル・スンサル) (ISAのSUPイベントに使用されたこともあるエル・スンサル) Photo: ISA / Sean Evans

『2021 ISA ワールドサーフィンゲームス』で使用されるブレイクはエルサルバドルのメインブレイクでもある「エル・スンサル」と「ラ・ボカナ」

「エル・スンサル」は1970年代前半にアメリカのサーフィン雑誌に取り上げられて有名になった。
ライトのポイントブレイクで、玉石とリーフのミックス。
コンディションが決まれば果てしなく乗れるような長いラインナップになる。

地形は比較的深いために厚めのブレイク中心で、ロングボーダーや波が小さい時はビギナーでも入ることが可能。
他がフラットでもここだけは波があることが多い。

「ラ・ボカナ」は「エル・スンサル」から東へ約1kmの位置にあり、ライト、レフト共にある。
エル・トンコという小さな村の南端に位置しており、「エル・スンサル」同様にウネリに敏感なのが特徴。
ボトムは玉石と砂混じりのリーフブレイクで、河口に面しているために大雨の後に波が良くなる傾向だ。
地形によっては「エル・スンサル」よりもパワーがあり、バレルセクションも生まれやすい。

過去の大会会場としては「エル・スンサル」は『2019 サーフシティ エルサルバドル ISA SUPアンドパドルボードチャンピオンシップ』、「ラ・ボカナ」は国内のコンテスト『ALAS Latin Pro』で使用され、共に成功を収めている。

★THE SURF NEWSは『2021 Surf City El Salvador ISA World Surfing Games』のオフィシャル・メディアパートナーとして協力しています

関連リンク

クラブ名
THE SURF NEWS「サーフニュース」
クラブ説明文

国内外のサーフィン関連ニュースを発信する「THE SURF NEWS(サーフニュース)」の公式アカウントです。2020年東京五輪のサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、初心者から経験者まで役に立つHowToなど様々なニュースをお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント