IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

長谷川勇也の2本塁打の活躍などで福岡ソフトバンクが大勝! 先発・マルティネスは7回3失点【5/29 試合結果】

パ・リーグインサイト

 5月29日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、8対3で福岡ソフトバンクが勝利し、カード勝ち越しを決めた。

 福岡ソフトバンクは、初回にウィーラー選手の7号2ランで先制を許すも、2回裏に4番・柳田悠岐選手と5番・長谷川勇也選手の連続本塁打ですぐさま同点に追いつく。同点弾を放った長谷川選手は「甘くきたところを一振りで仕留めることが出来ました。いいスイングで、まず同点に追いつくことが出来て良かったです」と自らの打席を振り返った。

 さらに4回裏、先頭の長谷川選手が四球で出塁すると、1死1塁から7番・甲斐拓也選手が放った打球はレフトスタンドへ。5号2ランが貴重な勝ち越し弾となり、2点のリードを奪う。続く5回裏には、2番・中村晃選手と3番・栗原陵矢選手の連打などで2死1、2塁とすると、5番・長谷川選手この日2本目となる2号3ランが生まれ、巨人を一気に突き放す。

 6回裏には松田宣浩選手の6号ソロで1点を追加するなど、大量援護を受けた先発・マルティネス投手は、6回表に6番・中島宏之選手の適時打で1点を献上するも、要所を締め、7回7安打10奪三振3失点でマウンドを降りる。

 5点リードで迎えた8回表は2番手・嘉弥真新也投手が安打で出塁を許すも、3番手・泉圭輔投手が後続を打ち取り、最終9回表は岩嵜翔投手が危なげない投球で締めて試合終了。
 
 勝利した福岡ソフトバンクは、先発・マルティネスが7回116球10奪三振3失点の力投で4勝目を挙げた。打線も、チーム合計で5本塁打が生まれるなど、好機を逃さず得点を重ねた。なお、長谷川選手の1試合2本塁打は自身3年ぶり。

  123456789 計
巨 200001000 3
ソ 02023100X 8

巨 ●サンチェス-沼田翔平-大江竜聖-桜井俊貴
ソ ○マルティネス-嘉弥真新也-泉圭輔-岩嵜翔

文・後藤万結子

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント