IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

佐野如一の同点弾でオリックス対阪神は引き分けに。飯田優也が好リリーフ【5/11 ファーム試合結果】

パ・リーグインサイト

 5月11日、オセアンバファローズスタジアム舞洲にて行われたオリックスと阪神のウエスタン・リーグ公式戦、第8回戦は5対5で引き分け。佐野如選手の同点弾が生まれ、9回裏に4点差を追い付いた。

 オリックスの先発は東晃平投手。初回の先頭打者に四球を出し、阪神の3番・板山祐太郎選手、5番・小野寺暖選手の適時打で2点の先制を許す。さらに続く2回表に2点を失うと、3回表にも小野寺選手にソロ本塁打を浴び、なおも1死3塁としたところで降板。代わった飯田優也投手は続くピンチを2者連続三振で切り抜ける。

 打線は2回裏、先頭の4番・山足達也選手が安打を放ち出塁。2死2塁から7番・佐野如一選手に適時二塁打が生まれ1点を返したが、以降は阪神の先発・及川雅貴投手の前に7回まで散発2安打に終わった。

 2番手・飯田投手は3.2イニングを無安打無失点、救援陣も無失点の好リリーフを見せると、1対5で迎えた9回裏、打線が一気に反撃に出る。先頭・田城飛翔選手、後藤駿太選手の連打から内野ゴロでまず1点を返し、来田涼斗選手の安打でさらに好機を拡大。暴投で1点を追加すると、なおも2死2塁から佐野如選手にライトへの2号2ランが生まれ同点に追い付いた。

 延長10回表はヒギンス投手が3者凡退に抑え、10回裏は先頭の岡崎大輔選手が四球で出塁するも、後が続かず5対5で試合終了。オリックスはここまで6試合で防御率1.72と好投を続けていた先発・東投手が3回途中7安打2四球5失点と打ち込まれたが、救援陣が試合を立て直した。打線は8回まで4安打1得点のみにとどまるも、9回裏につながり引き分けとした。

  12345678910 計
神 2210000000 5
オ 0100000040 5

神 及川雅貴-小川一平-エドワーズ-浜地真澄
オ 東晃平-飯田優也-吉田一将-中川颯-神戸文也

文・丹羽海凪

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント