IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

松井裕樹が史上16人目の通算150セーブ達成! 早川隆久が今季4勝目を挙げ楽天が勝利【5/9 試合結果】

パ・リーグインサイト

 5月9日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと楽天の第9回戦は、6対3で楽天が勝利。引き分けを挟んでの連敗を「3」で止め、首位の座を守った。

 楽天は3回表、北海道日本ハムの先発・池田隆英投手から2つの四球で1死1、2塁の好機を得ると、失策の間に2塁ランナーが生還。この回ノーヒットで1点を先制する。一方の先発・早川隆久投手は3回まで0で抑えるも、4回裏、4番・近藤健介選手に適時二塁打を浴び同点に。さらに続く5番・万波中正選手の適時二塁打で、2対1と勝ち越しを許してしまう。

 それでも直後の5回表、9番・辰己涼介選手が右中間スタンドに突き刺さる7号ソロを放ち、すぐさま同点に。辰己選手は「打ったのはカーブかスライダーです。逆転された後だったのですぐに追い付けて良かったです。お母さんのおかげです」と母の日に感謝を口にした。

 打線はなおも2死3塁とすると、北海道日本ハムの2番手・河野竜生投手から4番・島内宏明選手がライト前にポトリと落ちる適時二塁打を放ち、3対2と勝ち越しに成功。6回表には、3番手・アーリン投手から2番・鈴木大地選手の適時打と3番・浅村栄斗選手の2号2ランで6対2とリードを広げた。

 早川投手は5回裏、2死2塁のピンチを切り抜けると、5回2失点で中継ぎ陣にバトンタッチ。6回裏は福山博之投手がピンチを背負いながら0で抑えると、7回裏は宋家豪投手がマウンドへ。杉谷拳士選手の適時打で1点を許すも、続く2死1、2塁のピンチに近藤選手を空振り三振に切って取り、追撃を許さない。

 9回裏は、通算150セーブまであと「1」と王手をかけている松井裕樹投手がマウンドへ。前回登板では1回1失点でリードを守り切れなかったが、この登板ではわずか11球で3者凡退に打ち取って通算150セーブを達成し、6対3で試合終了。

 勝利した楽天は、打線が10安打6得点と活発。辰己選手が同点弾を含む2安打の活躍を見せた。先発・早川投手は「母の日なので頑張りました」と5回85球6安打5奪三振2失点で4勝目を挙げた。一方敗れた北海道日本ハムは、先発・池田投手が5回途中3失点(自責点2)。王柏融選手、近藤選手が2安打、ドラフト2位ルーキー・五十幡亮汰選手がプロ初安打、初盗塁を含む1安打2盗塁の活躍も、救援陣が踏ん張りきれなかった。

  123456789 計
楽 001023000 6
日 000200100 3

楽 ○早川隆久-福山博之-宋家豪-酒居知史-S松井裕樹
日 ●池田隆英-河野竜生-アーリン-公文克彦-井口和朋-西村天裕-谷川昌希

文・岩井惇

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント