IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋学

【フットサル日本代表/WEB取材】“超攻撃的ゴレイロ”関口優志がW杯出場で感じた複雑な気持ち。「ずっと目指していたから、うれしかったけど……」

SAL

日本代表チームとしての試合勘を取り戻さないといけない

──W杯出場が正式に決まりましたが、モチベーションの変化はありますか。

モチベーションの変化はさほどないですが、常にW杯を目指してやっていましたし、決まったことは素直にうれしい。ただ、前回大会を逃してしまっている以上、W杯が決まったというのはうれしい反面、アジアを勝ち切って出たかったなとは思います。

──W杯はずっと目標にしていると言っていたが。

この4年間、W杯を最大の目標において取り組んでいたので、W杯に出場できるのは本当に嬉しいこと。残り少ない期間、死ぬ気で頑張っていきたい。

──チーム内の雰囲気は変わりましたか?

そこまでは変わっていません。決まった決まらないに関わらず、常に目標において取り組んでいたので、最大の出力でやっています。

──ゴレイロのポジション争いについては。

素晴らしいゴレイロは日本にもたくさんいますし、日本代表にイゴール選手や矢澤選手がいる。ライバルに負けないように、ポジションを勝ち取れるように、切磋琢磨しながらやっていきたい。

──長い合宿から1カ月が経ったが。

今回はW杯出場がオフィシャルに決まった中での取り組みになります。時間の少なさや、これまで活動を通してやってきたことを活かしていきたいです。W杯が決まったのは身が引き締まる思いといいますか、あとはやるだけという気持ちになる。9月からのW杯に向けて最高の結果を出せるようにしたい。

──本番に向けてトレーニングも変わってきていますか。

チーム自体のコンセプトについては、ブルーノ監督はずっと同じことを言い続けていますし、僕たちも常に同じ姿勢でトレーニングキャンプに臨んでいます。代表活動は限られているので、その中でのすり合わせをうまくやっていきたい。

──関口選手がゴレイロとして大事にしていることは?

フットサルのコンセプトについては、チームとしてやることが決まっています。僕だから、イゴールだから、矢澤だから変わるというのはありません。ただ、周りへの声がけとかで他の選手と違いを出せるようにしたい。

──名古屋オーシャンズでは篠田選手と併用となっているが。

チームでもしっかりと競争していかないといけない。この4年間ずっと、やることは変わらずにやってきている。その中でW杯が目の前まで迫っているので、ブレずにやっていきたい。

──日本代表と名古屋でゴレイロに求められるものの違いは?


GKとしての基本は変わりません。多少のズレはありますけど、いかにフィットできるかというのは、代表選手として非常に大事なこと。プレーモデルについてはチームと代表でしっかりと適応していきたいです。

──コロナ禍で練習試合がなかなかできないが。

昨年はFリーグのチームと戦っても2敗しています。日本代表チームとしての試合勘は取り戻さないといけません。W杯期間までにど練習試合ができるという話もあったので、本番をイメージしながらやっていきたい。

──W杯で対戦が楽しみなチームは。

UEFAのフットサルCLをやっていましたが、スペインやブラジルのトップ選手はうまいですし、対戦してみたいと思っています。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント