IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋学

【フットサル日本代表/WEB取材】「W杯は僕にとってはディズニーランド」。平田マサノリが独特な表現で表したW杯への熱い思い。

SAL

5月3日から5月5日まで、茨城県でトレーニングキャンプを行う日本代表。3月25日から4月9日まで16日間におよぶ長期合宿に続く今回は、これまでとは異なる大きな意味をもつ活動となる。4月21日に、今年9月に開催されるFIFAフットサルワールドカップリトアニア2021の出場が決定してから初めてのキャンプとなるからだ。AFCフットサル選手権(アジア選手権)が中止となるなかで手にしたW杯出場権。ブルーノ・ジャパンは、残りの5カ月弱をどのように過ごすのか。最終メンバーには誰が選ばれるのか。午前と午後に2回のトレーニングが行われた4日、最終メンバー入りを目指すピヴォの平田・ネト・アントニオ・マサノリがオンライン取材に応じた。

ピヴォのライバルには和也も、薫さんも、ゲンスケもいる

──コンスタントに日本代表に呼ばれていますが。

定着したとは思っていませんし、日本代表では何が起こるかわかりません。今は呼ばれているので、今をベースにして、これ以上良くしていきたい。

──ピヴォのポジション争いは激しいです。

(清水)和也も、(森岡)薫さんもいるし、(毛利)元亮も来て、他にも候補がいます。でも、W杯には行きたいので、メンバーに入れるように取り組んでいます。

──自分の中では危機感はある?

あんまり考えていません。合宿で、毎回何かを得るものが大きいので、そこを大事にしています。

──昨シーズンは名古屋で主力として優勝に貢献したが。

W杯に行く前に何試合か名古屋でもあるので、全部勝ってW杯のメンバーにも入れたら一番いいので、そこを目指しています。

──ポルトガルでのプレー経験は平田選手の強みになる?

海外の選手と半年ぐらいプレーしているので、ある程度は慣れはあります。海外の選手は頭が良いというか、ずる賢いので、そこを経験できているのは自分の強みだと思っています。

──チーム作りはどのように進んでいる?

ほぼ毎月合宿がある中で、チームとして一つにまとまっているのは大きい。戦術面もそうですが、合宿を重ねると、ピッチ内でもピッチ外でも選手たちも会話が増えてくるので、チームワークがよくなってきていると感じます。

──W杯出場が正式に決まりましたが。

自分の国を背負ってW杯に出場するのは、選手である限り、目指す場所だと思っています。そこは(名古屋オーシャンズの)サテライト時代からの夢でしたし、それは今も変わりません。

──W杯はどんな場所でしょうか?

例えるならディズニーランドのような感覚です。僕にとっては、ディズニーランドよりも大きい。それぐらい特別な場所だと思いますし、人生で限られた回数、限られた時間しかいけない。

──1年の延期による影響は平田選手にとってプラスに働く?

正直どちらかというと僕にとってはチャンスだと思いました。昨シーズンはたくさんの試合に出させてもらいましたし、試合をすることが成長につなる。僕にとってはプラスの延期だと思います。

──ピヴォとしての強みはどこだと思っている?

パワー系というか、ボールを収めるとか競り合うとかは一番の取り柄かなと思っています。そこを出しつつ、ゴールにこだわっていかないと(最終メンバーの)リストに入れません。W杯まで間は短いけど、アピールしていきたい。

──W杯で対戦したいチームや選手は。

それは一つしかないです。スペインです。スペイン遠征の悔しさが強い。恥ずかしい思いもしたので。やり返したいです。※

※2019年12月に行ったスペイン遠征で、日本代表はスペイン代表に1戦目0-3、2戦目1-9、合計1-12で大敗。

関連リンク

クラブ名
SAL
クラブ説明文

フットサルを見る・蹴る・着るという3つの視点から多角的に発信していくメディアです。見る人には、試合情報や技術・戦術などの競技の魅力、選手のキャラクターや物語を。蹴る人には、ボールを扱う喜びや仲間と蹴る爽快感を。着る人には、注目アイテムや、着こなしのアドバイスを。それぞれのニーズに合ったフットサル情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント