IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)BOATRACE

大ベテラン健在! 高塚清一74歳と新良一規64歳が行く!

BOATRACE

ボートレース界はゴールデンウイーク戦の真っただ中だが、大ベテランが活躍している。

浜名湖では最年長レーサー、74歳の高塚清一が準優勝戦進出。それも1号艇だ。
2019年2月の戸田以来、244回目の優勝戦進出の可能性が高い。優勝すれば48回目、74歳2カ月の栄冠は新記録となる。

(C)BOATRACE

レジェンド・加藤峻二さんがもつ最年長優勝記録は71歳2カ月。2013年3月、戸田の優勝だったが、実はその年の1月、高塚清一がとこなめで65歳10カ月の記録を打ち立てていた。
ふたりの盟友が切磋琢磨し記録を樹立してきたのだ。
明日、新しいページをめくることになるかもしれない。

(C)BOATRACE

一方、きょう最終日の下関では64歳の新良一規が大健闘している。
優勝戦6号艇である。

(C)BOATRACE

新良一規の直近Vは2018年6月の蒲郡。シリーズをけん引し続け、インから逃げ切った。
61歳10カ月の栄冠であったが、1996年の蒲郡ボートレースメモリアルVを含め記念戦線で培ってきた戦闘能力は底堅い。
2018年の蒲郡V以降の優出歴をピックアップしても、2019年5月の徳山(6着)・2019年8月下関(3着)・2020年1月徳山(2着)・2020年12月住之江(3着)と優勝戦線に顔を出し続けている。

右手の大けがなど数々の負傷を経験しながら、逃げずに戦ってきた「生きる姿勢」がもたらしている成果といっていいだろう。

高塚清一と新良一規…。
ふたりの大ベテランが背中で語る「人生の真実」に寄り添いたいゴールデンウイークである。

関連リンク

クラブ名
BOATRACE
クラブ説明文

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント