IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©JuventusFC

ユヴェントス|ロナウドの2得点でウディネーゼに逆転勝利!

ユヴェントスFC

ユヴェントスは2日、敵地スタディオ・フリウーリでウディネーゼに2-1の逆転勝利を収めた。序盤に先制を許し相手の堅い守備に手を焼いたが、クリスティアーノ・ロナウドが終盤に2得点を挙げる活躍でチームを勝利に導いた。

モリーナの得点でウディネーゼが先制
 アタランタが引き分けインテルの今季セリエA優勝が決まった直後にキックオフされた試合で先手を取ったのは、ホームのウディネーゼだった。10分、ペナルティエリアすぐ外でフリーキックのチャンスを得るとユーヴェの隙を突いてクイックスタートし、フリーになっていたモリーナがエリア内右側からパワフルな右足のシュートを突き刺した。

 反撃を試みるユーヴェは27分にベンタンクールが遠めの位置からゴールを狙い、その直後のコーナーキックにはマッケニーが勢いよく飛び込み頭で合わせたもののシュートは惜しくもゴール左に外れる。34分にはディバラが前を向き右足で鋭いシュートを放ったが、ディフェンダーに当たりコースの変わったボールはGKスクフェットにセーブされた。37分のロナウドのディングシュートも枠を外れ、1点ビハインドのままハーフタイムを迎えた。

ロナウドのドッピエッタで逆転
 後半最初のチャンスはウディネーゼ。52分にオカカの前線でのキープから、アルスランがシュートを放ったがゴール左に外れ、ユーヴェはピンチを逃れた。ウディネーゼの堅い守備を攻略できない展開の中、ピルロ監督はベルナルデスキに代えてクルゼフスキ、ディバラに代えてモラタを投入。その後もなかなか状況を打破できないユーヴェだったが、82分にロナウドのフリーキックが相手選手の腕に当たりPKを獲得。これをロナウドが自ら決めて同点に追いついた。

 このゴールで息を吹き返したユーヴェは、さらに試合終了間際の89分に逆転に成功する。左サイドからラビオがゴール前へクロスを入れファーサイドに走り込んだロナウドがヘディングで合わせると、ニアサイドを破ったシュートがゴールネットを揺らし、エースのドッピエッタで一気に試合をひっくり返した。そのまま試合終了のホイッスルを迎えて苦しみながらも勝利を手にしたチームは、リーグ3位の座をキープ。チャンピオンズリーグ出場権確保に向けて大きな勝ち点3を獲得した。

ゴールを決め、直ぐに自陣に引き返すロナウド ゴールを決め、直ぐに自陣に引き返すロナウド ©JuventusFC

ウディネーゼ:スクフェット;ベカン、ナイティンク、ボニファーツィ;モリーナ、デ・パウル、ワラシ、アルスラン、ストリガー・ラーセン;ペレイラ;オカカ

ユヴェントス:シュチェスニー;ダニーロ、デ・リフト、ボヌッチ、アレックス・サンドロ;クアドラード (ラビオ 84)、ベンタンクール、マッケニー (フェリックス・コレイア 84)、ベルナルデスキ (クルゼフスキ 59);ディバラ (モラタ 66)、ロナウド

控え:ブッフォン、ピンソーリョ、ドラグシン、キエッリーニ、アルトゥール、ラムジー、ヴリオーニ、フェリックス・コレイア

©JuventusFC

関連リンク

クラブ名
ユヴェントスFC
クラブ説明文

ユヴェントスFCは1897年に設立された歴史のあるイタリアのサッカークラブで、トリノに本拠地を構えます。セリエAで最も成功したクラブの1つとして、国内のみならず世界中にファンを持ち、イタリア国内で最多の優勝回数を誇ります。2011年9月にはイタリアでは初めてのクラブ所有のスタジアム、アリアンツ・スタジアムが完成し、その年のシーズンを23勝15分の無敗で優勝しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント