IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©BorussiaDortmund

BVB、大量5得点でDFBポカール決勝進出

ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムントは1日、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われたDFBポカール準決勝でホルシュタイン・キールを5-0で下し決勝進出を決めた。序盤にレイナが2点を奪うと、その後もロイス、アザール、ベリンガムが次々と加点。前半だけで5得点を奪いアウェイチームを寄せ付けなかった。

 格下の相手に対し立ち上がりからボール支配で上回ったBVBが先手を取ったのは16分。左サイドでボールを持ったサンチョが中央へ切り込み、ペナルティエリアの縁でパスを受けたレイナが前を向いて右足を振り抜く。正確なシュートがサイドネットの内側に突き刺さり、早い時間帯に先制に成功した。

 さらに23分にも左サイドを起点にロイスが相手ゴールキーパーを引き付けると、こぼれたボールをゲレイロがヒールで流して最後はフリーのレイナが至近距離から押し込み2点目のゴール。その3分後にはエムレ・ジャンの浮き球のパスをペナルティエリア内で上手くコントロールしたロイスが冷静にゴールキーパーとの1対1を制し、リードを3点に広げた。

 直後にはホルシュタイン・キールのレーゼのシュートがポストを直撃する場面もあったが失点は免れると、32分に相手のミスを見逃さなかったアザールが抜け出してシュートを流し込み4-0。ハーフタイム直前にもベリンガムがペナルティエリア外からのシュートで5点目のゴールを挙げ、容赦ない破壊力で相手を圧倒した。

 大量リードを奪ったBVBは後半はペースを落としたが、67分にフンメルスが抜群のタイミングのタックルで相手シュートをブロックするなど、集中を切らさずに試合をコントロールした。しかし72分にマテウ・モレイがボールを追って着地した際に負傷し、途中交代。チームが決勝進出に近づく中で残念なアクシデントとなってしまった。

 それでも5点差をキープし危なげなくタイムアップを迎えたチームは、前日にブレーメンを下したライプツィヒの待つ決勝戦へのチケットを掴み取った。13日にベルリンで行われる決勝戦で、BVBはクラブ史上5度目のDFBポカール制覇を目指す。

チームはクラブ史上5度目のDFBポカール制覇を目指す チームはクラブ史上5度目のDFBポカール制覇を目指す ©BorussiaDortmund

関連リンク

クラブ名
ボルシア・ドルトムント
クラブ説明文

ボルシア・ドルトムント(通称:BVB)は、1909年12月19日に誕生し110年以上の歴史を持つドイツのサッカークラブです。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントに本拠地を置き、ドイツリーグ1部(サッカー・ブンデスリーガ)に所属しています。ドイツリーグ8回、DFBポカール(カップ戦)3回、DFLスーパーカップ4回、UEFAチャンピオンズリーグ1回、UEFAカップウィナーズカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回というタイトルを保持するドイツ屈指の名門チームです。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント